西崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久部良漁港から望む西崎

西崎(いりざき、いりさてぃ[1])は、与那国島の西端、沖縄県八重山郡与那国町字与那国にあるである[2][3]北緯24度26分58秒東経122度56分01秒座標: 北緯24度26分58秒 東経122度56分01秒[4]に位置する。

概要[編集]

与那国島は日本最西端の島であり、西崎はその西端に位置する岬である。

国土地理院では2万5千分の1地形図に基づいて日本の東西南北端を決定しており、長らく西崎を日本最西端の地としてきたが、2019年6月に同地形図を改訂し、正確な日本の最西端の地点は、西崎の約260m北北西沖に位置し、約110m西にあたる「トゥイシ」と呼ばれる岩になった[5][6][7]

ただし、トゥイシに上陸するための道路や定期航路等の公共交通手段はない。また、西崎の海側は断崖で崖下まで降りることはできず、大潮の際等に崖下を迂回して到達することも考えられるが、与那国町総務課では奨励していない。同課では、観光面では最西端は従来通り西崎であるとしている[8]

施設[編集]

西崎の突端には西埼灯台が立ち、「日本国最西端之地」の碑と展望台が設けられている[2][3]。西崎からは、年に数度程度であるが、天気のよい日には約111km先の台湾を眺望することができる[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1986-07-08). “西崎”. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県. 角川書店. p. 174. 
  2. ^ a b c 永田一八 (2007年11月13日). “日本の「端」を巡る旅 第1回 与那国島(1) 日本最後の夕日が沈む島”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/extremity-1/ 
  3. ^ a b 西崎(日本最西端の碑)”. おきなわ物語. 一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー. 2019年6月11日閲覧。
  4. ^ 都道府県の東西南北端点と重心の経度緯度”. 国土地理院. 2007年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月11日閲覧。
  5. ^ 日本の東西南北端点の経度緯度”. 国土地理院. 2019年6月11日閲覧。
  6. ^ “日本の最西端が移動 これまでより約110m西に”. 日本放送協会. (2019年6月11日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190611/k10011948811000.html 
  7. ^ “日本最西端が移動 「トゥイシ」新たに記載”. 八重山毎日新聞. (2019年6月13日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/35464/ 
  8. ^ 地図マニアが“日本の国境が変わった”と大騒ぎ、「与那国島の新地図」に重大異変!!”. デイリー新潮. 新潮社 (2019年6月14日). 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

  • 東崎 - 与那国島東端にある岬。
  • 高那崎 - 波照間島にある岬。民間人が訪れることが可能な日本最南端。