西崖柳成龍 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西厓柳成龍
독도 일출 및 일몰 (13) (20541841839).jpg
基本情報
建造所 現代重工業
蔚山造船所
運用者 Flag of South Korea.svg大韓民国海軍
艦種 ミサイル駆逐艦
級名 世宗大王級
艦歴
進水 2011年3月24日
竣工 2012年8月30日
要目
基準排水量 7,650トン
満載排水量 10,290トン
全長 165.9m
最大幅 21.4m
吃水 6.25m
機関 COGAG方式
主機 LM2500 ガスタービン × 4基
推進  スクリュープロペラ×2軸
出力 75MW
速力 最大速 30ノット
最大速力 30ノット
乗員 387名
兵装 Mk-45 127mm砲 × 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS × 1基
海星SSM4連装発射筒 × 4基
RAM近SAM21連装発射機 × 1基
Mk 32短魚雷3連装発射管 × 2基
Mk41VLS 80セル
国産VLS 48セル
搭載機 リンクス × 2機
C4ISTAR KNTDS/リンク 11JTIDS/リンク 16
Mk 7 AWS+ASWCS-K+SLQ-200
レーダー SPY-1D(V) 多機能(4面) × 1基
ソナー DSQS-21 BZ-M 艦首
CAPTAS 曳航式
電子戦
対抗手段
SLQ-200 ソナタ統合電子戦システム
SLQ-261K デコイ・システム
テンプレートを表示
本来の表記は「西厓柳成龍」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

西厓柳成龍(ソエ・リュ・ソンニョン、日本語読み:せいがい りゅう せいりゅう、朝鮮語서애류성룡ラテン文字:Seoae Yu Seong ryong, DDG-993)は、大韓民国海軍駆逐艦世宗大王級駆逐艦の3番艦。艦名は文禄・慶長の役期の李氏朝鮮宰相であった柳成龍と、そのである西厓に由来する。「西エ柳成龍」とも表記される。

当初の艦名は「権慄(クォン・ニュル、Gwon Yul)」が予定されていたが変更されている。

艦歴[編集]

「西厓柳成龍」は、KDX-IIIイージスシステム搭載型7,600トン級駆逐艦として現代重工業蔚山造船所で建造され、2011年3月24日国防部長官金寛鎮(キム・グァンジン)、海軍参謀総長金成賛(キム・ソンチャン)らが臨席のもとで進水式を実施、2012年8月30日に竣工し海軍に引き渡された。

防衛事業庁によれば、2012年3月に航海中のところソナー保護装置であるウィンドウが破損したことが明らかとなる。当該部品の価格は約10億ウォンで、対策として海上ゴミなどの浮遊物を避けて航行するように防衛事業庁が指示していたことが明らかとなる。破損部の交換は時間が掛かると見られ、2013年2月に入手、同年8月頃に交換できるとされる[1]

2012年12月、北朝鮮によるミサイル発射実験に対応して韓国海軍保有の全イージス艦が出動し不測の事態に備える。同月12日、ミサイルは発射され沖縄西方の上空を通過したミサイルの軌跡を探知している[2]

2014年には環太平洋合同演習(RIMPAC)に参加、艦対空ミサイルによる標的の迎撃を行なった[3]

脚注[編集]