西川信広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西川 信広(西川信廣、にしかわ のぶひろ、1949年 - )は舞台演出家脚本家法政大学中退。劇団文学座所属。『世界の中心で、愛をさけぶ』の演出等も手がけている。2009年より日本劇団協議会会長である。

主な演出作品

  • 「うそつきビリー」
  • 「スティーミング」
  • 「明日も七時」
  • 「馬かける男たち」
  • 「野望と夏草」
  • 「寒花」
  • 「オナー」
  • 「ベンゲット道路」
  • 「十二人の怒れる男たち」
  • 「北の阿修羅は生きているか」
  • 「シャーリーバレンタイン」
  • 「ウィット」
  • 「最果ての地より さらに遠く」
  • 「おーい、幾多郎」
  • 「黒革の手帳」
  • 「マイフェア・レディー」
  • 「阿修羅のごとく」
  • 「六週間のダンスレッスン」
  • 「殿様と私」
  • 定年ゴジラ
  • さくら色 オカンの嫁入り
  • 「女は遊べ物語」
執筆の途中です この「西川信広」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(Portal:舞台芸術)。

今日は何の日(12月6日

もっと見る