西川大祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

西川 大祐(にしかわ だいすけ、1970年1月30日 - )は、日本フィギュアスケート選手(男子シングル)。京都府出身。1990年全日本フィギュアスケート選手権3位。同志社大学卒業。

経歴[編集]

1985年全日本ジュニア選手権で3位に入り、初出場となった世界ジュニア選手権では14位に終わる。

1986年、全日本ジュニア選手権で優勝を果たし、2年連続出場となった世界ジュニア選手権では13位となる。1988年国民体育大会京都府代表で出場し、少年男子で優勝する[1]1989年ラリック杯に出場し10位に終わる。 1990年全日本選手権に出場し鍵山正和村田光弘に続いて3位に入る[2]1991年ネイションズカップに出場し5位に入る。

主な戦績[編集]

大会/年 1985-86 1986-87 1987-88 1988-89 1989-90 1990-91 1991-92
世界ジュニア選手権 14 13
全日本選手権 3
全日本ジュニア選手権 3 1
ラリック杯 10
ネイションズカップ 5
国民体育大会 1

脚注[編集]

  1. ^ 国民体育大会結果
  2. ^ 日本スケート連盟 フィギュア歴代記録 男子シングル