西川正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西川 正治
生誕 1884年12月5日
日本の旗 日本 東京都
死没 (1952-01-05) 1952年1月5日(67歳没)
研究分野 結晶学
研究機関 東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
主な受賞歴 帝国学士院賞(1917年)
文化勲章(1951年)
プロジェクト:人物伝

西川 正治(にしかわ しょうじ、1884年12月5日 - 1952年1月5日)は、東京都八王子市出身の結晶学者である。

経歴[編集]

  • 寺田寅彦や木下季吉の指導を受け、1910年に東京帝国大学物理学科を卒業。
  • 1913年には等の天然繊維を用いて世界で初めて繊維構造物質のX線回折の実験を行った。また1915年には、スピネル群結晶内の電子配置を決定した。
  • 1917年には理化学研究所の創設に参加。1921年から1949年まで主任研究員を務め、1924年から1945年には同時に東京帝国大学教授も勤めた。1950年に、日本結晶学会の初代会長に就任。1951年、文化勲章受章。

栄典・授章・授賞[編集]

著書[編集]

主な弟子[編集]

家族[編集]

息子に西川哲治東京大学名誉教授、高エネルギー加速器研究機構名誉教授、元東京理科大学学長)、西川恭治(広島大学名誉教授)がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5651号「叙任及辞令」1945年11月12日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]