西川産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川産業株式会社[1]
Nishikawa Sangyo Co.LTD
種類 株式会社[1]
市場情報 非上場
略称 西川、西川産業、東京西川
本社所在地 日本の旗 日本
103-0006[1]
東京都中央区日本橋富沢町8番8号[1]
北緯35度41分19.9秒 東経139度46分58.1秒 / 北緯35.688861度 東経139.782806度 / 35.688861; 139.782806座標: 北緯35度41分19.9秒 東経139度46分58.1秒 / 北緯35.688861度 東経139.782806度 / 35.688861; 139.782806
設立 1947年(昭和22年)6月2日[1]
創業は1566年
業種 その他製品
法人番号 1010001053631
事業内容 寝具、寝装品、インテリア用品、ベビー用品の製造卸売業など
代表者
代表取締役社長 西川康行
(通称: 八一行)
資本金 9億150万円[1]
売上高 330億3,700万円(2018年1月期)[2]
従業員数 995名(2017年2月1日時点)
決算期 1月[1]
関係する人物 西川仁右衛門(創業者)
西川五郎 (元社長)
外部リンク 西川産業
テンプレートを表示

西川産業株式会社(にしかわさんぎょう)は、日本寝具メーカー。通称「東京西川」。羽毛布団やマットレスといった布団関連製品の製造・販売を主要事業としている。

概要・歴史[編集]

近江の商家西川家に生まれた西川仁右衛門(初代甚五郎)が1566年蚊帳の販売を始めた(西川グループではこれを創業年と位置づけている)。この後、豊臣秀次による八幡(現在の滋賀県近江八幡市)への八幡山城築城に際して、西川家はこの城下に移住(八幡商人)した。仁右衛門は1587年に同地で山形屋を開設し、蚊帳の製造・販売を開始、のちに畳表の製造・販売も行った。

江戸幕府が開かれて江戸の日本橋(現在の東京都中央区)付近へ商人を誘致したことに伴い、山形屋は1615年に江戸の日本橋に支店 「つまみだな」を開設した。仁右衛門の息子甚五郎が考案したとされる近江蚊帳のヒットで商売は軌道に乗り、日本橋を本拠として数代に渡って蚊帳問屋、弓問屋と商売を広げていった[広報 1]

1750年に京都に京店を開設[広報 2]。当主が7代利助の代に、「三ツ割銀」(年2回の決算後に利益の三分の一を奉公人に分配する、賞与のような制度)、「定法目録」(奉公人に分家の資格を与える制度のルールを明文化)、「定法書」(火事など不時の出費に備えた資金の積立と運用)などの制度を導入した[広報 3]

明治時代となった11代甚五郎当主の代に、1876年に大阪店を開設し、1887年に後の主要事業となる布団の販売を京・大阪の両店で始めた。1920年に給与制を導入、1929年に牡丹文字を用いた「西川」の商標を制定[広報 4]、同年に製織部門として近江蚊帳製造(株)(現・西川テックス)が設立された[広報 5]

1941年大阪に心斎橋店を開設。同年に既存の店舗を法人化し、京店を(株)京都西川、大阪店を(株)大阪西川(後の西川リビング)とする[広報 2][広報 5](法人としての京都西川および西川リビングの設立はここを起点としている)。

空襲によって1945年に消失した東京日本橋のつまみだな店を1947年に再建し(株)西川として法人格化、同店舗内に卸部門として西川産業(株)を設立した。心斎橋店を(株)西川(後の心斎橋西川)とする[広報 1](法人としての西川、西川産業、心斎橋西川の設立はここから起算)。

2018年7月10日、「西川グループ」(後述)の3社(西川産業、西川リビング、京都西川)を経営統合し2019年2月1日に合併すると発表。3社の経営資源を集約させて地盤を固め「日本を代表する世界の西川」としてさらなる発展を目指すとしている。本店所在地は東京になる予定。

事業所[編集]

西川グループ[編集]

西川で会社分割が進められた1940年代以降およそ80年にわたって、西川産業をはじめとする同根企業5社とそれらの傘下企業は、法人としての親子関係などは持たずにボランタリー・チェーンとして「西川グループ」を結成していた[広報 6]。チェーン各社では「西川」の二文字を丸く象った牡丹文字のロゴマークを共同で使用し、ブランドは共有しつつも商品の製造・販売はそれぞれが独立しておこなってきた。2019年2月1日の経営統合により、同一のロゴマークを用いる企業群は法人として統合される予定。

同根企業の一つである昭和西川株式会社については、これらとは異なるロゴマークを用いており、西川グループおよびその後の経営統合にも加わっていない。

参加企業[編集]

  • 西川産業株式会社(東京西川)
    • 日本橋西川ビル株式会社 - 東京都中央区
    • 西川レベックス株式会社(旧・安眠工業→東京レベックス) - 栃木県宇都宮市
    • 西川ベッド製造株式会社 - 栃木県宇都宮市
    • 西川ロジスティックス株式会社
    • 株式会社東京西川コーポレーション
    • 西川協保株式会社
  • 株式会社西川(日本橋西川) - 東京都中央区、代表取締役:西川康行(西川産業代表取締役社長)
  • 株式会社心斎橋西川 - 大阪府大阪市中央区
  • 西川リビング株式会社(旧・大阪西川) - 大阪府大阪市中央区、代表取締役:西川康行(同)
  • 株式会社京都西川 - 京都府京都市下京区
    • 西川ローズ株式会社 - 京都府京都市下京区

商品[編集]

近年はホームファッション製品を製造・販売する企業として、主に布団や各種カバー類のほか、ベッドタオル・リラックスウェア・クッションなどを扱っている。このほか、マイナス電位(マイナスイオンではない)を発生させる温熱治療器「ドクターセラシリーズ」の製造・卸売、一部のボランタリー・チェーンを対象に宝飾品(ラザールキャプラン等)や浄水器・マッサージチェアーなども取り扱っている。

ハウスブランドに、無地カラーで素材感を追求したクオリアル・DAY & DAY・afitなどがある。OEMブランドとして、セリーヌウェッジウッドイヴ・サン=ローランハナエモリ、サンダーソン、井上千鶴、デザイナーズギルドなどを製造するほか、アンパンマンハローキティきかんしゃトーマスけろけろけろっぴなどのキャラクター商品も扱っている。

夏場に涼感を得るパッドシーツ等や、ユーザーの使い方次第では夏場はタオルケット、冬場は起毛素材のふとんカバーとしても使用出来るタオルカバーがあり、OEMでの商品展開も行っている(サンダーソン・セリーヌ等)。

なお、祖業として製造・販売した蚊帳は、現在でも少数ながら取り扱っており、大人用のほかオルゴールが付いた乳児用などの商品がある。

事件[編集]

2018年3月8日21時頃、大利根物流センターで出火し、10日4時に鎮火が確認された。全焼となったものの業務終了時間後だったため、警備員以外は無人で人的被害は出なかった[広報 7]。この火災で警察は大利根センターのアルバイト従業員を放火の疑いで逮捕した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 1829 
  2. ^ 第74期決算公告、2018年(平成30年)6月15日付「官報」(号外第129号)140頁。
  3. ^ 西川倉庫全焼 放火容疑の男「ストレス発散のため」 埼玉(産経新聞)- Yahoo!ニュース[リンク切れ](2018年3月11日、2018年3月17日閲覧)

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

関連項目[編集]