西川貴教のイエノミ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西川貴教のイエノミ!!
ジャンル バラエティ番組 / 音楽番組
配信時間 22:00 - 23:00頃(約60分)
配信期間 2011年7月25日 - 2017年9月16日[1]
配信国 発信・受信
日本の旗 日本
受信
世界の旗 世界
制作 ドワンゴ ニコニコ動画
演出 川崎亮 (@rk530918) - Twitter
石川昭人(本来は構成担当)
本間俊彦(隔週、本来は構成担当)
出演者 西川貴教(T.M.Revolution)
光宗薫
字幕 ニコニコ生放送
オープニング ZipsT.M.Revolution
エンディング VITAL BURNER(T.M.Revolution)
外部リンク ニコニコ大百科(仮) イエノミ!!
テンプレートを表示

西川貴教のイエノミ!!』(にしかわたかのりイエノミ)は、ニコニコ生放送にて配信されていたインターネット番組。メインパーソナリティは西川貴教。 配信時間は何度か変更されており、第1回から第12回までは隔週月曜日の23時00分から24時00分、第13回から第37回までは23時00分から24時00分。 第38回以降はJST隔週木曜日の21時00分から22時00分、第80回からは、22時00分から23時00分の配信であった。

終了時間は厳密ではなく延長することも多い。また、本配信終了後にはプレミアム会員限定のコーナーが配信される。2014年4月よりプレミアム会員限定コーナーが廃止され、終了後にニコニコチャンネルにて『西川貴教のウラノミ!!』が配信されるシステムとなった。

概要[編集]

家主である西川が、自宅(という設定のセットを用いたスタジオ)にゲストを招き、土産を食べながら家飲み感覚でトークを繰り広げるという音楽バラエティ。ゲストは親しい友人という設定だが、回を重ねるにつれ、西川と元々の接点が薄いゲストも増えていった。ライセンス武藤敬司など、ミュージシャン以外の人物も登場することがある。また、レギュラー側の設定も、3代目アシスタント以降は廃止されている。

相川七瀬が出演していた頃は、オープニングからゲストトークの途中までは、レギュラーでは西川のみが出演し、アシスタントは後半から出演していた。遠藤舞に交代して以降、アシスタントもオープニングから出演するようになった。

当番組では、配信回の表記を、他の番組で見られるような「第1回」というような表記ではなく、漢数字と「」を組み合わせた「第一夜」などと表記している。2012年、2013年はニコニコ超会議拡大版として同イベントのイベントステージから出張生配信を行い、2014年は配信開始3周年記念番組を配信、2015年の元日は東京都豊島区法明寺と池袋P'PARCOから配信を行い、これらの配信の際は「特別夜」と表記された。 また2012年以降は、毎年イナズマロックフェスのバックステージから「出張版第~夜」として出張生配信を行っている。また第三十四夜はシンガポールから、第四十夜では東京ジョイポリスからの公開配信となり、第九十六夜では上田市交流文化芸術センターからの配信となった。

2017年9月16日に配信された「イナズマロックフェス2017出張版DAY1」が最終回となった。後継番組には『西川学園高等学校、略してN高!』が同年10月26日より2019年3月29日まで配信された[1]

出演者[編集]

最終レギュラー出演者[編集]

西川貴教(メインパーソナリティー)
愛称は「西川ちゃん」「兄貴」など。設定は「家主」。元々トークの内容に下ネタが多いが、本番組でもその傾向が強い。一方でtetsuyaJなどの旧知の人物や、布袋寅泰などの大先輩がゲストの際には、かつてや今後の音楽業界について、真面目なトークが繰り広げられることもある。
また、筋肉トークとなると輪をかけて真面目になり止まらなくなる。
光宗薫(6代目アシスタント)(第百三十二夜 - 第百四四夜[注釈 1]、イナズマロックフェス2017イエノミ出張版DAY1[注釈 2]
西川曰く「まぁまぁ、やべえヤツ」。好物はビーフジャーキーで、アシスタント初日には西川にもビーフジャーキーを差し入れした。2017年2月現在の夢は大川栄策の「サーカスの唄」をアコーディオンで弾くこと。西川とは第百三十二夜で初対面。闇属性のレズビアンと呼ばれている。
西川からは胸がないことや「ザ・メンヘラ女」などと暴言を吐かれるが、他者から正面切っていじられることが生まれて初めてであり、短所が長所になったと感謝の意を示している[2]
「イナズマロックフェス2017出張版DAY1」ラストで9月いっぱいでの芸能活動休止を発表[2]。出張版2日目も出演予定だったが、ライブ休止のためこの日が最後の出演となった。また同出張版1日目の配信が結果として番組の最終回となった[1]

過去のレギュラー出演者[編集]

相川七瀬(初代アシスタント)(第二夜 - 第十八夜)
第二夜から第十八夜まで出演(うち、第五夜・十二夜は欠席)。番組内ではユーザーから「姐さん」とコメントされることが多かった。設定は「隣のお姉さん」。第十八夜を持って、妊娠療養の為に降板。「初代アシスタント」は降板後に便宜上呼ばれるようになったもので、出演当時は「アシスタント」と呼ばれることはなく、「もう1人の出演者」という位置づけに近かった。
西川とは旧知の仲で、後のアシスタントと比べると年齢も近い為、西川が下ネタ等で暴走を始めると、元妻の吉村由美や交際中(当時)の菜々緒の話を仄めかし、黙らせるというパターンがよく見られた。
遠藤舞(2代目アシスタント)(第十九夜 - 第三十七夜)
第十九夜~第三十七夜まで出演(うち第三十六夜は病欠)。愛称は「まいぷる」。設定は「秘書」。オープニングから出演し進行を補佐する「アシスタント」としての役割は、実質遠藤以降からのもの。降板後の第四十夜・第七十夜には、ゲストとして出演。
現役のアイドルでありながら下ネタへの対応力が高く、特に初登場直後に「今日付けているブラジャーはワイヤーがないやつ」と発言したことから、以後キャッチフレーズとして「ワイヤー女子」が使われるようになった。
開始当初ではなく途中からの番組参加だったが、馴染むのが早かったこともあり、西川からは「最初からずっといるみたい」「この番組はまいぷるありき」「番組のマスコット」等と称されていた。
岩﨑名美(3代目アシスタント)(第三十八夜 - 第五十五夜)
第三十八夜〜第五十五夜まで出演。番組内での愛称「かもなみ」は、初登場時にAKB48の熱烈なファンである証明として、大量に購入した同一CDやグッズの写真を紹介した際、「完全にいいカモ」とネタされたことに由来している。AKB48以外にも基本的にアイドル好きであり、ゲストがアイドルの場合テンションが非常に高くなり、よく西川から突っ込まれる。
イエノミ!!アシスタント当時は16歳であり既存の配信時間の23時00分では出演出来なかった為、岩﨑の起用により、現在の配信時間に前倒しになった。しかし、それでも終了予定時間の22時00分には出演できなくなる為、数分前にチャイムの音とともに退場するシステムをとっていた。
イエノミ!!番外編inイナズマロックフェス2013の出張版初日では、マネージャーの手違いで遅刻している。その翌週に配信された第五十五夜を最後に降板したが、直前まで降板の事実を知らされておらず、番組中に号泣することとなった。
しらほしなつみ(4代目アシスタント)(第五十六夜 - 第八十夜)
第五十六夜~第八十夜まで出演。コスプレタレント。初登場時の初音ミクをはじめ、毎回アニメのコスプレをして出演していた。歴代アシスタントのうち最多出演回数を記録していたが、第八十夜出演中に岩崎と同じく番組中に降板を告知され、ゲスト出演していた5代目アシスタントの増田有華から花束を渡されて降板となった。この際しらほしは、第八十夜のゲストがMINMIと増田有華という異色の組み合わせであったことから、収録前から自身の降板と増田へのアシスタント交代を疑っており楽屋で取り乱していたことを明かした。
増田有華(5代目アシスタント)(第八十夜 - 第百三十二夜)
アシスタントとしては第八十一夜から出演。番組初出演は、先代アシスタントのしらほしなつみの最終出演回となった第八十夜におけるゲスト出演である。
番組内での愛称「ペニー増田」は、髪型が男性器を彷彿とさせるというイジりから発展したもの。
第九十七夜は出演していた舞台があり、番組途中から出演。出演期間は歴代アシスタント最長で2年3ヶ月。

イナズマロックフェス[編集]

  • 2012年以降のイナズマロックフェス出張版では西川がほぼ不在になるため、MCとして以下のアーティストが加わる。
土屋礼央
2015年から3年連続MC。
MICRO
2016年から2年連続MC[3]

ゲスト出演者[編集]

※配信回は正式には「第(漢数字)夜」表記だが、ここでは便宜的に「#(アラビア数字)」で表記する。

レギュラーコーナー[編集]

質問コーナー
ネタ投稿コーナー。「リスナーからの質問」という体の下、実際にはありえないであろう経験をさも普通に尋ねるメールを紹介する(本当の質問メールは、ゲストトークの中で紹介される)。
当日のゲストの経歴を紹介した後、そのゲスト宛ての質問の「悪い例」として紹介されることが多い。例外的に第2回では冒頭に「前回のメール」として第1回のゲストであるmisono高橋みなみ宛て、第19回では新アシスタントだった遠藤宛てにメールが読まれた。
苦情コーナー
ネタ投稿コーナー。「より良い番組作りの為に苦情を受け付ける」という体の下、実際には不可能なことや非現実的な内容、言いがかりレベルの内容等のメールを紹介する。 FAXの募集を執拗に要求する「ファクサー」、しゃもじは男性の臀部を叩く為のものと主張する「しゃもじスパンカー」など、複数のリスナーの間でシリーズ化されたものもあった。
本配信では第18回を最後に行われていないが、2014年4月10日からニコニコチャンネル『西川貴教のウラノミ!!』にて復活。
TOKYO meteorite BOYZ オーディション
西川が初めてプロデュースを行う為の、メンバーを募集する企画。当初はネタコーナー化していたが、第19回でオーディション名が正式決定して以降、写真や映像の選考も行われ、本格化していった。しかし第31回を最後に続報がなく、自然消滅したかたちとなっている。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 西川貴教公式ファンクラブ turboFC
  2. ^ a b 2017年9月16日、ニコニコ生放送「西川貴教のイエノミ!!イナズマロックフェス2017出張版DAY1」
  3. ^ フジテレビNEXTの中継と掛け持ちで往復出演。
  4. ^ 単語記事: MYRRS姉貴”. ニコニコ大百科 (2017年9月22日). 2017年9月22日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ レギュラー配信として最後の出演。
  2. ^ イエノミアシスタントとして最後の出演。