西忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

西 忠雄(にし ただお、1912年 - 1998年[1]は、日本の建築構造工学者。専門は建築材料東京大学名誉教授。第32代東洋大学学長(1982年9月 - 1985年9月)[2]工学博士[3]東京都生まれ。

経歴[編集]

1937年(昭和12年)、東京帝国大学工学部建築学科を卒業後、同年に大阪窯業セメント株式会社に就職[4]。1942年(昭和17年)に内務省技師を経て、1947年(昭和22年)建設省建築研究所第二研究部(材料)勤務[5]。1948年(昭和23年)、北海道大学助教授に就任。1951年(昭和26年)、同大学の教授に就任。1962年(昭和37年)、東京大学教授に転任。1973年(昭和48年)、定年退官。東洋大学教授へ。1982年からは同大学学長。1982年5月から1984年5月まで、日本コンクリート工学会会長[6]

日本建築学会賞大賞受賞[7][8]。1975年から1977年まで、日本鉄筋継手協会(旧・日本圧接協会) 会長[9]

著書[編集]

  • 『建築材料学』 (建築学大系 建築学大系編集委員会編;13) [10][11][12]
  • 『建築の接着工法』(監修)
  • 『防水工法事典』(編集)
  • 『建築防水設計・工法総覧』 [13](建設産業調査会刊 昭和45年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 洪, 悦郎 (1998-03). “名誉会員・西忠雄先生ご逝去 : 追悼のことば”. 建築雑誌 (1420): 94. https://ci.nii.ac.jp/naid/110003805074. 
  2. ^ 歴代学長 | Toyo University” (日本語). www.toyo.ac.jp. 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 防水博士の博士論文 その⑬ - ROOF-NET ON LINE MAGAZINE”. www.roof-net.jp. 2019年12月3日閲覧。
  4. ^ 西忠雄「建築のコンクリート研究を志して」『コンクリート工学』第28巻第9号、日本コンクリート工学会、1990年、 8-11頁、 doi:10.3151/coj1975.28.9_8ISSN 0387-1061NAID 130004398240
  5. ^ 10_4b. 玉川野毛町公園付近”. sim.nilim.go.jp. 2019年12月3日閲覧。
  6. ^ 公益社団法人 日本コンクリート工学会”. www.jci-net.or.jp. 2019年12月3日閲覧。
  7. ^ 日本建築仕上学会機関誌「西忠雄氏が日本建築学会大賞を受賞」『Finex』第5巻第15号、日本建築仕上学会、1993年、 70頁、 doi:10.14820/finexjournal.5.15_70ISSN 0915-6224NAID 110002513084
  8. ^ 日本建築学会 名誉会員等一覧
  9. ^ 公益社団法人 日本鉄筋継手協会(旧 日本圧接協会)”. www.tekkin-tsugite.or.jp. 2019年12月3日閲覧。
  10. ^ 『建築学大系建築材料学 13巻』|感想・レビュー” (日本語). 読書メーター. 2019年12月3日閲覧。
  11. ^ 近畿大学OPAC”. opac.clib.kindai.ac.jp. 2019年12月3日閲覧。
  12. ^ 建築・土木図書専門出版の彰国社”. www.shokokusha.co.jp. 2019年12月3日閲覧。
  13. ^ ∞ 建築防水設計・工法綜覧 西忠雄、編集 建設産業調査会、刊 昭和45年 第4版” (中国語). 樂淘-letao!日本代標代購. 2019年12月3日閲覧。


先代:
水越達雄
日本コンクリート工学協会会長
1982年 - 1984年
次代:
水野高明