西恋ヶ窪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 国分寺市 > 西恋ヶ窪
西恋ヶ窪
—  町丁  —
西国分寺駅北口
西恋ヶ窪の位置(多摩地域内)
西恋ヶ窪
西恋ヶ窪
西恋ヶ窪の位置
座標: 北緯35度42分1.13秒 東経139度27分56.08秒 / 北緯35.7003139度 東経139.4655778度 / 35.7003139; 139.4655778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Kokubunji, Tokyo.svg 国分寺市
人口 (2017年(平成29年)12月1日時点)[1]
 - 計 5,809人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 185-0013[2]
市外局番 042[3]
ナンバープレート 多摩

西恋ヶ窪(にしこいがくぼ)は、東京都国分寺市町名。現行の行政地名は西恋ヶ窪一丁目から西恋ヶ窪四丁目。郵便番号は185-0013[2]

地理[編集]

国分寺市の中南部に位置する。北は戸倉及び東戸倉、東は東恋ヶ窪、南は泉町及び府中市武蔵台、西は日吉町に隣接する。町内は主に住宅地として利用されている。かつての恋ヶ窪用水の跡が残る。

JR西国分寺駅の北側に位置する。「恋ヶ窪」を冠する西武国分寺線恋ヶ窪駅は、当地や東恋ヶ窪ではなく、戸倉に所在する[4]

地価[編集]

住宅地の地価は2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば西恋ヶ窪2丁目9番28外の地点で32万6000円/m2となっている。

歴史[編集]

「恋ヶ窪」の由来には、鎌倉時代武士遊女の悲恋伝説、武蔵国国府に近い窪(国府の窪)からの転訛、がいる池(窪)がかつてあった等の諸説ある[4]。 

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日時点の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
西恋ヶ窪一丁目 1,096世帯 2,151人
西恋ヶ窪二丁目 437世帯 806人
西恋ヶ窪三丁目 899世帯 1,631人
西恋ヶ窪四丁目 532世帯 1,221人
2,964世帯 5,809人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校 備考
西恋ヶ窪一丁目 1〜3番地
5〜7番地
10番地の1〜17、36〜44
12番地の1〜37、45〜46
国分寺市立第七小学校 国分寺市立第二中学校 以下の学校と選択可能。
・国分寺市立第九小学校
・国分寺市立第一中学校
その他 国分寺市立第九小学校 国分寺市立第一中学校
西恋ヶ窪二丁目 全域
西恋ヶ窪三丁目 全域
西恋ヶ窪四丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年齢別及び町名・丁目別世帯人口”. 国分寺市 (2018年1月10日). 2018年1月12日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月12日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月12日閲覧。
  4. ^ a b 【東京 地名研究室】恋ヶ窪(国分寺市)遊女伝説か「鯉」の池か『産経新聞』朝刊2018年10月28日(東京面)。
  5. ^ 町名別通学区域”. 国分寺市 (2017年3月7日). 2018年1月12日閲覧。