西戸部町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 西区 > 西戸部町
西戸部町
—  町丁  —
西戸部町の位置(横浜市内)
西戸部町
西戸部町
西戸部町の位置(神奈川県内)
西戸部町
西戸部町
西戸部町の位置(日本内)
西戸部町
西戸部町
西戸部町の位置
座標: 北緯35度27分4.8秒 東経139度37分15.5秒 / 北緯35.451333度 東経139.620972度 / 35.451333; 139.620972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
西区
面積[1]
 - 計 0.418km2 (0.2mi2)
人口 (2018年(平成30年)2月28日現在)[2]
 - 計 7,249人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 220-0046[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

西戸部町(にしとべちょう)は、神奈川県横浜市西区町名[5]住居表示は未施行で、1〜3丁目の丁目が設けられている[6]郵便番号は220-0046[3]。面積は0.418Km2[1]2018年平成30年)2月28日現在3,776世帯7,249人が暮らす[2]

地理[編集]

西区南部の丘陵地に位置する。1〜3丁目の字丁目があり、南東が1丁目、中央部が2丁目、北西が3丁目となる。 1丁目南西に横浜市立一本松小学校、3丁目北東に横浜市立西中学校、同西部には第15〜16代横浜市長平沼亮三や戸部刑場で処刑された囚人の墓所のある願成寺があり、その他町域の大半が住宅地である。町内に幹線道路は通っていないが、水道道が北西から南東の野毛山公園に伸びる[7]。この道は西谷浄水場と野毛山浄水場(現在は配水池)を結ぶ導水管の上を通り、ほぼ一直線であるが「尻こすり坂」などの急坂がある[8]。町の北部、西中学校付近から西区総合庁舎方面に下る坂は「くらやみ坂」と称する。坂の名の由来については、源頼朝が、袖ヶ浦と呼ばれた美しい入り江富士山の景色に馬を止めた「鞍止み坂」、樹木がうっそうと生い茂っていた「暗闇坂」、かつては勾配が急で、一旦鞍を置いて馬を止めた「鞍止み坂」とする説がある[9][10]

町の東部を京急本線がトンネルおよび半地下構造[11]で通過するが、町内に駅は設けられていない。路線バスは、一本松小学校から西戸部町1丁目、野毛山動物園前、桜木町駅を通り横浜駅を結ぶ横浜市営バス89系統(ぶらり観光SAN路線)が運行されている。

小・中学校の学区[編集]

公立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13]

番地 小学校 中学校
西戸部町 1丁目1番地〜116番地
2丁目193番地〜251番地
横浜市立一本松小学校 横浜市立老松中学校
西戸部町 2丁目117番地〜169番地、190番地〜192番地
3丁目311番地〜318番地
横浜市立戸部小学校
西戸部町 2丁目170番地〜189番地
3丁目252番地〜310番地
横浜市立西前小学校 横浜市立西中学校

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)2月28日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
西戸部町1丁目 1,185世帯 2,194人
西戸部町2丁目 1,837世帯 3,570人
西戸部町3丁目 754世帯 1,485人
3,776世帯 7,249人

歴史[編集]

元は久良岐郡戸太町字戸部の一部で、1901年明治34年)の横浜市市制施行の際に新設された。1927年(昭和2年)、区制施行により中区の一部、1944年に中区から西区が分離され、西区の一部となる。町域は昭和時代に数回にわたり変更された。1928年(昭和3年)、一部が戸部町伊勢町・扇田町・杉山町・浜松町・御所山町・天神町・石崎町・西前町藤棚町及び神奈川区西平沼町平沼町となる。1935年(昭和10年)には一部が老松町・藤棚町・御所山町・野毛町宮川町日ノ出町・境之谷となる。1938年(昭和13年)には浜松町・扇田町・老松町・境之谷・藤棚町、1966年(昭和41年)には町域の一部が新設された中央1丁目に組み込まれた[5]

くらやみ坂近くには戸部刑場があり、鎌倉事件の清水清次と間宮一もここで刑に処された[14]

1902年(明治35年)に、書家中林梧竹の後援者の海老塚四郎兵衛による海老塚防水布工場、1907年(明治40年)には横浜種牛株式会社が設立。1911年大正元年)には麻真田製紐機工場が建ち、周辺には製関係の工場が多く進出した[5]。浮世絵研究家の小島烏水も、この地に居を構えた[7]

池ノ坂の池[編集]

町の中央部にはかつてがあった。雑木林と崖に囲まれた、8000平方メートルほどの勾玉状の池で、農業用水として使われていた。正式な名称はなく、「池ノ坂の池」とも、数々の伝説やうわさがあったことから「魔の池」とも通称された。戸部刑場で首を斬られた囚人がこの近くを通り寺に運ばれる際にこの池で血を洗ったと言われ、事故や自殺などで水死する者が跡を絶たなかった[15]

1912年明治45年)、神奈川県尋常中学校(現在の神奈川県立希望ヶ丘高等学校。当時は隣接する藤棚町にあった)の植物学教師であった松野重太郎は、通勤中に池のほとりに群生しているササがアズマネザサと異なることに気付き、親交のあった牧野富太郎に見せたところ、新種と判明。ヨコハマダケと命名された[16]。葉の質が厚く硬く、アズマネザサより葉が鋭く尖り、メダケとアズマネザサと中間の種である[17]。近くに刑場があり、池の水が血液の鉄分を含んでいたため変異したものと考えられている[18]。ヨコハマダケは、松野が晩年を過ごした都筑区川和町の自宅跡と、南区の横浜市こども植物園に移植されている。

1920年大正9年)9月30日夜、台風による豪雨で北側の堤が決壊し、千戸あまりの住宅が流され19人が死亡する大惨事となった。犠牲者の供養塔は町内の願成寺に建てられている。池は住民の陳情により埋め立てられ、関東大震災の後は民家が建ち並んだ。現在は、池の跡地は公務員住宅となっている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧 (PDF)”. 横浜市政策局 統計情報課 (2016年3月31日). 2018年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c 西区町別世帯と人口(2018年2月28日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)”. 横浜市統計ポータルサイト (2018年2月28日). 2018年3月18日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月6日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c (角川 1984, p. 683)
  6. ^ 西区の町名一覧 (PDF)”. 横浜市市民局. 2018年3月6日閲覧。
  7. ^ a b (角川 1984, p. 1025)
  8. ^ 西区そぞろ歩き 水道道の尻こすり坂”. 西区役所 (2011年4月1日). 2018年3月18日閲覧。
  9. ^ (西区の今昔 1973, pp. 194-195)
  10. ^ 「くらやみ坂」の名前の由来は?”. はまれぽ.com (2011年9月27日). 2018年3月18日閲覧。
  11. ^ 京急線日ノ出町―戸部にある“屋根のないトンネル”の正体とは!?”. はまれぽ.com (2014年8月24日). 2018年3月18日閲覧。
  12. ^ 西戸部町にある「峠の茶屋」、その店名の由来は?”. はまれぽ.com (2012年5月28日). 2018年3月18日閲覧。
  13. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年3月18日閲覧。
  14. ^ (西区の今昔 1973, pp. 197-200)
  15. ^ a b (西区の今昔 1973, pp. 185-188)
  16. ^ (西区の今昔 1973, pp. 188-189)
  17. ^ (横浜西区史 1995, pp. 103-104)
  18. ^ 横浜に「横浜」と名前のつく植物は何種類ある?”. はまれぽ.com (2014年5月26日). 2018年3月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、14頁。ISBN 978-4-398-62683-7。
  • 『ものがたり西区の今昔』 西区観光協会、1973年7月2日
  • 『区制50周年記念 横浜西区史』 横浜西区史刊行委員会、1995年3月31日