西新井大師西駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
西新井大師西駅
Nishiaraidaishi-nishi station.jpg
日暮里・舎人ライナー 西新井大師西駅
(2009年6月14日)
にしあらいだいしにし
Nishiaraidaishi-nishi
NT 08 江北 (0.8 km)
(0.8 km) 谷在家 NT 10
所在地 東京都足立区江北六丁目30-23
駅番号 NT09
所属事業者 東京都交通局
所属路線 日暮里・舎人ライナー
キロ程 6.0 km(日暮里起点)
電報略号 新(駅名略称)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
12,163人/日
-2019年-
開業年月日 2008年平成20年)3月30日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示
改札付近(2008年3月30日)
ホーム付近(2008年3月30日)

西新井大師西駅(にしあらいだいしにしえき)は、東京都足立区江北六丁目にある、東京都交通局日暮里・舎人ライナーである。駅番号NT 09[2]。北隣の谷在家駅と共に足立区の駅としては最も西にある。

駅名の通り、西新井大師の西側に位置するが、徒歩で20分[3]、道なり距離で1kmほど離れている。西新井大師へは東武大師線大師前駅からの方が近い。

歴史[編集]

駅名について[編集]

計画段階では駅の南側にある公園に因んだ「上沼田東公園(かみぬまたひがしこうえん)」という仮称だった[4]。しかし足立区による駅名公募で「西新井大師西」が957票を集めて1位となり、122票の2位「上沼田東公園」を大きく離した。また足立区としても西新井大師について「四季折々の花々や様々なイベントによる集客は、日暮里・舎人線沿線の活性化には、欠かせない存在」と評し、「西新井大師西」を第1位で推薦[5]2006年11月13日に現在の駅名に正式決定した。なお、足立区は「西新井大師西」「上沼田東公園」のほか、公募3位(118票)の「新西新井」も併せて推薦している。

駅構造[編集]

島式1面2線の高架駅。ホームドアを設置。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 NT 日暮里・舎人ライナー 見沼代親水公園方面
2 日暮里方面

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員12,163人(乗車人員:6,106人、降車人員:6,057人)である[6]。日暮里・舎人ライナーの駅では日暮里駅西日暮里駅見沼代親水公園駅に次ぐ第4位である。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[7]
年度 1日平均
乗降人員[8]
1日平均
乗車人員[9]
出典
2008年(平成20年) 7,572 3,692 [* 1]
2009年(平成21年) 7,919 3,975 [* 2]
2010年(平成22年) 8,578 4,318 [* 3]
2011年(平成23年) 8,922 4,491 [* 4]
2012年(平成24年) 8,843 4,442 [* 5]
2013年(平成25年) 9,337 4,692 [* 6]
2014年(平成26年) 9,640 4,850 [* 7]
2015年(平成27年) 10,260 5,155 [* 8]
2016年(平成28年) 10,675 5,367 [* 9]
2017年(平成29年) 11,701 5,878 [* 10]
2018年(平成30年) 11,978 6,014 [* 11]
2019年(令和元年) 12,163 6,106

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

西新井大師西駅
江北六丁目団地
江北陸橋下
  • 環七通り外回り
    • 都営バス
    • 国際興業バス
    • 東武バスセントラル
      • 西01 - 西新井駅西口行(西新井陸橋経由)
      • 王30 - 亀有駅北口行 ※一日2本のみ
      • 深夜31 - 西新井駅西口行(西新井駅入口経由) ※平日深夜のみ
    • 環七通り内回り
    • 都営バス
      • 王49・王49折返 - 王子駅行(神谷町経由)
      • 王49折返 - 王子駅行(ハートアイランド東経由) ※平日日中のみ
    • 国際興業バス
      • 赤27 - 赤羽駅東口行(環七経由)
      • 赤27-2 - 赤羽車庫
    • 東武バスセントラル
      • 王30 - 王子駅行(北区神谷町経由) ※一日2本のみ
  • 尾久橋通り北行
    • 都営バス
      • 里48 - 見沼代親水公園駅・江北六丁目団地行
      • 里48-2 - 加賀団地循環・加賀行
  • 尾久橋通り南行
    • 都営バス
      • 里48・里48-2 - 日暮里駅行

隣の駅[編集]

東京都交通局
NT 日暮里・舎人ライナー
江北駅 (NT 08) - 西新井大師西駅 (NT 09) - 谷在家駅 (NT 10)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “日暮里・舎人ライナー開業予定日決定! 〜平成20年3月30日(日)〜” (日本語) (プレスリリース), 東京都建設局/東京都都市整備局/東京都地下鉄建設/東京都交通局, (2007年10月1日), オリジナルの2007年10月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071009053820/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/others/2007/otr_p_200710011_h.html 2020年5月2日閲覧。 
  2. ^ “東京さくらトラム(都電荒川線)及び日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」を導入いたします” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都交通局, (2017年11月16日), オリジナルの2019年1月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190119174432/https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2017/tdn_p_20171116_h_01.pdf 2020年5月2日閲覧。 
  3. ^ 沿線ガイド(西新井大師西駅) (PDF)
  4. ^ “新交通システム「日暮里・舎人線」(仮称)路線名・駅名決定!” (日本語) (プレスリリース), 東京都地下鉄建設/東京都交通局, (2006年11月13日), オリジナルの2008年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080501062845/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/nippori_toneri/2006/ntl_p_200611132_h.html 2020年5月2日閲覧。 
  5. ^ 日暮里・舎人ライナー 駅名(地名)の由来及び駅名称公募時の推薦理由”. 足立区 (2006年11月29日). 2010年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年3月30日閲覧。
  6. ^ 各駅乗車人員一覧 - 東京都交通局
  7. ^ 数字で見る足立 - 足立区
  8. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  9. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]