西村実造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

西村 実造(にしむら じつぞう、1894年(明治27年)4月19日 - 1950年(昭和25年)8月7日)は、日本の政治家兵庫県生まれ。公選初代埼玉県知事1947年(昭和22年)カスリーン台風被害、1948年(昭和23年)埼玉県庁舎焼失など乗り切り、西村県政と謳われた。

略歴[編集]

  • 1919年(大正8年)東京帝国大学法学部卒業。
  • 1920年(大正9年)日本郵船株式会社入社。
  • 1936年(昭和11年)南満州鉄道に入社。水道局長に就任。
  • 1942年(昭和17年)大連汽船株式会社専務に就任。
  • 1946年(昭和21年)政府に請われて第40代(官選)埼玉県知事に就任。
  • 1947年(昭和22年)知事公選で第42代(公選初代)埼玉県知事に就任。
  • 1948年(昭和23年)県庁が放火により焼失し、県職員が逮捕(冤罪の疑いがあり、職員は自殺)。責任を取って辞表を提出するが、当時の埼玉軍政部に忠告され知事を継続する。
  • 1949年(昭和24年)日本シルク事件により収賄容疑で逮捕、起訴され埼玉県知事を辞職。
  • 1950年(昭和25年)日本シルク事件の係争中、心臓発作により急逝。一連の事件は控訴棄却となった。

関連項目[編集]