西村尚芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西村 尚芳(にしむら ひさよし、1960年6月19日 - )は、日本検察官東京地方検察庁特捜部副部長や、大阪地方検察庁特捜部長、最高検察庁検事等を経て、高松地方検察庁検事正

来歴・人物[編集]

石川県出身。金沢大学法文学部卒業後、1990年検察官任官[1][2]。2002年には東京地方検察庁検事として、鈴木宗男事件の捜査にあたり、同事件を「国策捜査」と表現して佐藤優の取り調べを行うなどし[3][4]、東京地方検察庁特別捜査部副部長も務めた[5]

東京高等検察庁検事兼東京地方検察庁検事を経て、2013年横浜地方検察庁刑事部[6]。2014年大阪地方検察庁特別捜査部[5]。2015年東京高等検察庁検事兼最高検察庁検事[7]。2017年東京地方検察庁刑事部[8]。2018年青森地方検察庁検事正。2019年高松地方検察庁検事正[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高松地検 「事件を誠実に処理」 西村検事正が着任会見 /香川毎日新聞2019年7月24日
  2. ^ a b 「青森地検 「基本に忠実な捜査」 西村・新検事正が抱負 /青森」毎日新聞2018年4月13日
  3. ^ 「平和運動」分科会日本平和学会ニューズレター第 21 巻第 1 号 2014 年 4 月 25 日
  4. ^ 佐藤優「ゴーン氏の再逮捕と東京拘置所生活・中検察は朝日新聞に逮捕をリークした」週刊東洋経済
  5. ^ a b 「「関係機関との連携大事」 着任の西村特捜部長抱負語る 大阪地検」産経WEST 2014.7.24 19:43
  6. ^ 2013.4.10付 法務省人事新日本法規出版
  7. ^ 「人事、法務省」日本経済新聞(2015/10/2 5:00)
  8. ^ 「人事、法務省」日本経済新聞2017/7/7 5:00


先代:
畝本毅
大阪地方検察庁特捜部長
2014年 - 2015年
次代:
山本真千子
先代:
廣瀬勝重
青森地方検察庁検事正
2018年 - 2019年
次代:
高橋真
先代:
千田恵介
高松地方検察庁検事正
2019年 -
次代:
(現職)