西村清和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西村 清和(にしむら きよかず、1948年1月30日 - )は、日本の美学者東京大学名誉教授。前國學院大學文学部哲学科教授。

経歴[編集]

京都府京都市生まれ。

1966年3月、兵庫県立尼崎北高等学校卒業。

1971年6月、東京大学文学部(美学芸術学専修課程)卒業。1974年3月、同学大学院人文科学研究科(美学芸術学専門課程)修士課程修了。更に1976年5月には同研究科美学芸術学専門課程で博士課程単位取得し退学した。

同年6月、岡山大学法文学部助手となり美学美術史を担当。1977年6月から1979年3月にかけて、ミュンヘン大学にドイツ学術交流会奨学生として留学。1979年7月に岡山大学法文学部講師として正式に雇用される。

1983年4月、埼玉大学教養学部助教授として芸術論を担当し、1990年4月に同大学教授に就任。

1997年8月から1998年4月にかけて、アメリカ合衆国のコロンビア大学文部省在外研究の一環として客員研究員となる。

2004年4月より東京大学大学院人文社会系研究科教授に就任、美学芸術学を担当。2007年10月から2010年10月まで、美学会会長を務める。2010年、「イメージの修辞学-ことばと形象の交叉」で東京大学文学博士。2012年、東京大学を定年退任し、名誉教授となる。

2013年、國學院大學教授に就任。2018年に定年退任するまで同大学にて文学部哲学科を担当した。

また、1990年に『遊びの現象学』でサントリー学芸賞を受賞している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『遊びの現象学』勁草書房、1989
  • 『フィクションの美学』勁草書房、1993
  • 『現代アートの哲学』産業図書、1995
  • 『視線の物語・写真の哲学』講談社選書メチエ、1997
  • 『電脳遊戯の少年少女たち』講談社現代新書、1999
  • 『イメージの修辞学 ことばと形象の交叉』三元社 2009
  • 『プラスチックの木で何が悪いのか 環境美学入門』勁草書房、2011 
  • 『感情の哲学: 分析哲学と現象学』勁草書房、2018 

共編著[編集]

  • 『笑う人間/笑いの現在』松枝到共著 ポーラ文化研究所、1994
  • 『近代日本の成立 西洋経験と伝統』高橋文博共編 ナカニシヤ出版 2005
  • 『世界の芸術文化政策 放送大学大学院文化科学研究科 政策経営プログラム』笠原潔共編著 放送大学 2008

翻訳・編著[編集]