西條八十

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西條 八十
Yaso Saijo.JPG
西條八十
ペンネーム 柳水巴
誕生 西條 八十
(1892-01-15) 1892年1月15日
東京府東京市牛込区
(現・東京都新宿区
死没 (1970-08-12) 1970年8月12日(78歳没)
東京都世田谷区成城
墓地 東京都立八柱霊園
職業 詩人フランス文学者、作詞家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学文学部英文科
活動期間 1919年 - 1970年
ジャンル 抒情詩童謡歌謡曲
デビュー作 『砂金』(第一詩集)
子供 西條八束三井ふたばこ
テンプレートを表示

西條 八十(さいじょう やそ、新字体:西条1892年明治25年)1月15日 - 1970年昭和45年)8月12日)は、日本詩人作詞家仏文学者

長男の西條八束陸水学者。長女の三井ふたばこ(西條嫩子)も詩人。孫の西條八兄はエレキギター製作者。

生涯[編集]

東京府東京市牛込区牛込払方町(現在の東京都新宿区払方町)出身。実家は大久保周辺に土地を持つ大地主で、父は設計技師であったが、父親の死後、家庭は没落した。1898年(明治31年)、桜井尋常小学校に入学。松井喜一校長に影響を受ける。

旧制早稲田中学校(現早稲田中学校・高等学校)在学中に吉江喬松と出会い生涯の師と仰ぐ。吉江に箱根の修学旅行で文学で身を立てたいと打ち明け、激励を受ける。中学時代に英国人女性から英語を学んだ。正則英語学校(現在の正則学園高等学校)にも通い、早稲田大学文学部英文科卒業

早稲田大学在学中に日夏耿之介らと同人誌『聖盃』(のち『仮面』と改題)を刊行。三木露風の『未来』にも同人として参加し、1919年大正8年)に自費出版した第一詩集『砂金』で象徴詩人としての地位を確立した。後にフランスへ留学しソルボンヌ大学でポール・ヴァレリーらと交遊、帰国後早稲田大学文学部文学科教授戦後は日本音楽著作権協会会長を務めた。1962年日本芸術院会員。

1943年には早稲田大学時代の同級生・外池格次郎が当時町長を務めていた茨城県真壁郡下館町(後に下館市を経て現・筑西市)に疎開。以後戦後まで下館を拠点としていた。

象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき「東京行進曲」、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした「青い山脈」、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー「蘇州夜曲」、古賀政男の故郷風景ともいえる「誰か故郷を想わざる」「ゲイシャ・ワルツ」、村田英雄の男の演歌にして船村メロディーの傑作「王将」など無数のヒットを放った。

また、児童文芸誌『赤い鳥』などに多くの童謡を発表し、北原白秋と並んで大正期を代表する童謡詩人と称された。薄幸の童謡詩人・金子みすゞを最初に見出した人でもある。

1970年昭和45年)8月12日に急性心不全のため世田谷区成城の自宅で死去。78歳没。戒名は詩泉院釈西條八十[1]。墓所は千葉県松戸市に在る東京都立八柱霊園である。

エピソード[編集]

  • 名前は筆名ではなく、本名である。両親は、苦しいことがないようにと、「苦」に通じる「九」を抜いた「八」と「十」を用いて命名した。
  • 天麩羅屋経営で糊口をしのいでいた時期がある。
  • 森村誠一の小説『人間の証明』の中で、『ぼくの帽子』(『コドモノクニ』)が引用された。1977年に映画化の際、引用されたセリフはキャッチコピーとして使われ、有名となった。なおテレビドラマは、5度製作放映された(2017年8月現在)。
  • 1967年に作詞した「夕笛」は舟木一夫によって歌われ、最後のヒット曲となったが、三木露風の「ふるさとの」に酷似していたことから一時盗作騒ぎになった。八十は「露風本人の了解を得ていた」と弁明し、露風の遺族も特段異議を申し立てなかったため、真相不明のまま終息している。
  • 担当編集者の回想に、宮田毬栄『追憶の作家たち』(文春新書、2004年)があり、第2章に晩年の八十が描かれている。著者は友人の詩人大木惇夫の次女である。
  • 西條が『砂金』に収録した『トミノの地獄』という詩について、”この詩を声に出して朗読すると呪いに罹って死ぬ”という、いわゆる都市伝説が存在する。内容は「トミノ」という少年が地獄を旅するという内容で、これは西條が亡くなった父もしくは妹に奉げる為に書いたとされるが詳しいことは不明。 

主な著作[編集]

中山晋平(右)とともに(1931年、熱海)

研究書・著作[編集]

詩集(象徴詩・純粋詩)[編集]

  • 『砂金』 自費出版、1919年(復刻:日本図書センター、2004年)
  • 『見知らぬ愛人』、1922年
  • 『美しき喪失』、1929年
  • 『一握の玻璃』、1947年

詩集(その他)[編集]

  • 『空の羊』
  • 『少女純情詩集』 国書刊行会で復刻、1984年
  • 『水色の夢』
  • 『西條八十詩集』 角川春樹事務所、ハルキ文庫で再刊、2004年ISBN 4758430942。

訳詩集[編集]

  • 『白孔雀』、1920年(岩波文庫で再刊、2013年10月)
  • 水谷まさる共訳 『世界童謡集』、1924年冨山房百科文庫で再刊、1991年)

童謡[編集]

  • かなりあ』(『赤い鳥』1918年11月号)
  • 肩たたき
  • 『鞠と殿様』
  • 『お月さん』
  • 『おみやげ三つ』
  • 『水たまり』
  • 『西條八十 名作童謡西条八十…100選』、上田信道編(春陽堂書店、2005年)

歌謡曲(流行歌)[編集]

  • 「当世銀座節」(作曲:中山晋平、歌唱:佐藤千夜子、1928年)
  • 「お菓子と娘」(作曲:橋本国彦、1929年)
  • 東京行進曲」(作曲:中山晋平、歌唱:佐藤千夜子、1929年)
  • 「鞠と殿さま」(作曲:中山晋平、歌唱:平井英子、1929年)
  • 「愛して頂戴」(作曲:中山晋平、歌唱:佐藤千夜子、1929年)
  • 唐人お吉の唄(明烏編)」(作曲:中山晋平、歌唱:藤本二三吉、1930年)
  • アラその瞬間よ」(作曲:中山晋平、歌唱:、1930年)
  • 「この太陽」(作曲:中山晋平、歌唱:佐藤千夜子、1930年)
  • 女給の唄」(作曲:塩尻精八、歌唱:羽衣歌子、1931年)
  • 侍ニッポン」(作曲:松平信博、歌唱:徳山璉、1931年)
  • ルンペン節」(作曲:松平信博、歌唱:徳山璉、1931年)
  • 「わたしこの頃変なのよ」(作曲:町田嘉章、歌唱:四家文子、1931年)
  • 銀座の柳」(作曲:中山晋平、歌唱:四家文子、1932年)
  • 「天國に結ぶ戀」(作曲:松平信博、歌唱:徳山璉・四家文子、1932年)
  • 涙の渡り鳥」(作曲:佐々木俊一、歌唱:小林千代子、1932年)
  • 東京音頭」(作曲:中山晋平、歌唱:小唄勝太郎三島一声、1933年)
  • 「佐渡を想えば」(作曲:佐々木俊一、歌唱:小唄勝太郎、1933年)
  • 「サーカスの唄」(作曲:古賀政男、歌唱:松平晃、1933年)
  • 「来る来るサーカス」(作曲:古賀政男、歌唱:淡谷のり子、1933年)
  • 「十九の春」(作曲:江口夜詩、歌唱:ミス・コロムビア(松原操)、1933年)
  • 「祖国の護り」(作曲:村越国保、歌唱:小野巡、1934年)
  • 「勝太郎子守唄」(作曲:佐々木俊一、歌唱:小唄勝太郎、1936年)
  • 「花言葉の唄」(作曲:池田不二男、歌唱:松平晃・伏見信子、1936年)
  • ミス仙台」(『乙女十九』の元歌、作曲:古関裕而、歌唱:二葉あき子、1936年)
  • 「戦友の唄」(『同期の桜』の元歌、作曲:大村能章、歌唱:樋口静雄、1938年)
  • 旅の夜風」(作曲:万城目正、歌唱:霧島昇・ミス・コロムビア、1938年)
  • 「悲しき子守唄」(作曲:竹岡信幸、歌唱:ミス・コロムビア、1938年)
  • 支那の夜」(作曲:竹岡信幸、歌唱:渡辺はま子、1938年)
  • 「憧れの荒鷲」(作曲:古関裕而、歌唱:ミス・コロムビア、二葉あき子、1938年)
  • 「東京ブルース」(作曲:服部良一、歌唱:淡谷のり子、1939年)
  • 純情二重奏」(作曲:万城目正、歌唱:霧島昇・高峰三枝子、1939年)
  • 「荒鷲慕いて」(作曲:古関裕而、歌唱:1939年)
  • 誰か故郷を想わざる」(作曲:古賀政男、歌唱:霧島昇、1940年)
  • 「春よいずこ」(作曲:古賀政男、歌唱:藤山一郎・二葉あき子、1940年)
  • 「お島千太郎旅唄」(作曲:奥山貞吉、歌唱:伊藤久男・二葉あき子、1940年)
  • 熱砂の誓い(建設の歌)」(作曲:古賀政男、歌唱:伊藤久男、1940年)
  • 蘇州夜曲」(作曲:服部良一、歌唱:霧島昇・渡辺はま子、1940年)
  • 「愛馬花嫁」(作曲:万城目正、歌唱:ミス・コロムビア・菊池章子・渡辺はま子、1940年)
  • 「蘇州の夜」(作曲:仁木他喜雄、歌唱:李香蘭、1941年)
  • 乙女の祈り」(作曲:伊藤宣二、歌唱:李香蘭、1941年)
  • そうだその意気」(作曲:古賀政男、歌唱:霧島昇・松原操・李香蘭、1941年)
  • 「みんな揃って翼賛だ」(作曲:古関裕而、1941年)
  • 「総進軍の鐘は鳴る」(作曲:古賀政男、1941年)
  • 「打倒米英」(作曲:古賀政男、1942年)
  • 「壮烈特別攻撃隊」(作曲:山田耕作、1942年)
  • 「陥としたぞシンガポール」(作曲:古賀政男、1942年)
  • 「空の軍神(作曲:古関裕而、歌唱:藤山一郎、1942年)
  • 「高原の月」(作曲:仁木他喜雄、歌唱:霧島昇・二葉あき子、1942年)
  • 雨の夜の花」(作曲:鄧雨賢、歌唱:渡辺はま子、1942年)
  • 「大航空の歌(作曲:佐々木俊一、1943年)
  • 若鷲の歌」(作曲:古関裕而、歌唱:霧島昇・波平暁男、1943年)
  • 「風は海から」(作曲:服部良一、歌唱:渡辺はま子、1943年)
  • 「湖畔の乙女」(作曲:早乙女光、歌唱:菊池章子、1943年)
  • 麗人の歌」(作曲:古賀政男、歌唱:霧島昇、1946年)
  • 「悲しき竹笛」(作曲:古賀政男、歌唱:近江俊郎奈良光枝、1946年)
  • 「旅の舞姫」(作曲:古賀政男、歌唱:霧島昇、1947年)
  • 三百六十五夜」(作曲:古賀政男、歌唱:霧島昇・松原操、1948年)
  • 「恋の曼珠沙華」(作曲:古賀政男、歌唱:二葉あき子、1948年)
  • トンコ節」(作曲:古賀政男、歌唱:久保幸江・加藤雅夫、1948年)
  • 青い山脈」(作曲:服部良一、歌唱:藤山一郎・奈良光枝、1949年)
  • 「花の素顔」(作曲:服部良一、歌唱:藤山一郎、1949年)
  • 山のかなたに」(作曲:服部良一、歌唱:藤山一郎、1950年)
  • 「赤い靴のタンゴ」(作曲:古賀政男、歌唱:奈良光枝、1950年)
  • 「越後獅子の唄」(作曲:万城目正、歌唱:美空ひばり、1950年)
  • 「角兵衛獅子の唄」(作曲:万城目正、歌唱:美空ひばり、1951年)
  • 「こんな私じゃなかったに」(作曲:古賀政男、歌唱:神楽坂はん子、1952年)
  • 「娘十九はまだ純情よ」(作曲:上原げんと、歌唱:コロムビア・ローズ、1952年)
  • 「ゲイシャ・ワルツ」(作曲:古賀政男、歌唱:神楽坂はん子、1952年)
  • 「丘は花ざかり」(作曲:服部良一、歌唱:藤山一郎、1952年)
  • 「伊豆の佐太郎」(作曲:上原げんと、歌唱:高田浩吉、1952年)
  • 「ひめゆりの塔」(作曲:古関裕而、歌唱:伊藤久男、1953年)
  • 「哀愁日記」(作曲:万城目正、歌唱:コロムビア・ローズ、1954年)
  • 「白鷺三味線」(作曲:上原げんと、歌唱:高田浩吉、1955年)
  • 「ピレネエの山の男」(作曲:古賀政男、歌唱:岡本敦郎、1955年)
  • この世の花」(作曲:万城目正、歌唱:島倉千代子、1955年)
  • 「りんどう峠」(作曲:古賀政男、歌唱:島倉千代子、1955年)
  • 「娘船頭さん」(作曲:古賀政男、歌唱:美空ひばり、1955年)
  • 「別れたっていいじゃないか」(作曲:上原げんと、歌唱:神戸一郎、1956年)
  • 「しあわせはどこに」(作曲:万城目正、歌唱:コロムビア・ローズ、1956年)
  • 王将」(作曲:船村徹、歌唱:村田英雄、1961年)
  • 絶唱」(作曲:市川昭介、歌唱:舟木一夫、1966年)
  • 夕笛」(作曲:船村徹、歌唱:舟木一夫、1967年)
  • 芸道一代」(作曲:山本丈晴、歌唱:美空ひばり、1967年)
  • 「乙女はいつか星になる」
    • 西條八十の遺作に西田陽一が作曲したもので、1972年、ツームストーンズ(メンバー:川崎弘、尾崎高志、佐々木久美子、司寛)の歌で、自主制作による限定盤シングル(オーミック N-501)として発売。
    • 1985年発売の乙女隊がデビューシングルとして上記の曲をカバー。その後1993年に「西条八十生誕100周年記念曲」として飛鳥あおい(元乙女隊の松原あかねが改名)がカバーしている(作曲者としてクレジットされている牧奈一慶は西田陽一の別名)。
  • 「人間の証明のテーマ」(作曲:大野雄二、歌唱:ジョー山中、1977年)
    • 映画「人間の証明」のテーマ曲。西條八十の原詩をジョー山中が英訳して歌った。
  • 「天國に結ぶ戀」「ルンペン節」 この2作は、「柳水巴」作詞とされているが、西條八十の変名である。

小説[編集]

1924年(大正13年)3月「少女倶楽部」読みきり『はかなき誓』から、1960年(昭和35年)11月「なかよし」連載『笛をふく影』まで、少女雑誌に多くの少女小説を連載し、多く刊行され大人気を博した。※外部リンク「西條八十児童小説リスト」参照

  • 『人食いバラ』 ゆまに書房(復刻)、2003年、解説唐沢俊一
  • 『西條八十集 人食いバラ 他三篇』 〈少年少女奇想ミステリ王国1〉戎光祥出版、2018年。芦辺拓

校歌・社歌[編集]

「西條八十全集 第10巻」(歌謡・民謡3/社歌・校歌)収録作品に
未収録作品には、
  • 明治大学校歌』(「児玉花外」作詞とされているが、西條の作である)
 ※外部リンク「西條八十 団体歌リスト」参照

軍歌・戦時歌謡[編集]

  • 『憧れの荒鷲』
  • 『荒鷲慕いて』
  • 『総進軍の鐘は鳴る』
  • 『打倒米英』
  • 『壮烈特別攻撃隊』
  • 『空の軍神』
  • 『陥としたぞシンガポール』
  • 『若鷲の歌』
  • 『同期の桜』
  • 『戦友の唄(二輪の桜)』
  • 『さくら進軍』
  • 『大航空の歌』
  • 『比島決戦の歌』
  • 決戦の大空へ
  • 『乙女の戦士』
  • 『そうだその意気』
  • 『祖国の護り』
  • 『学徒進軍歌』
  • 『ああ梅林中尉』

伝記[編集]

  • 上村直己 『西條八十とその周辺 論考と資料』(近代文芸社 2003年)
  • 吉川潮『流行歌 西條八十物語』(新潮社、2004年) ISBN 4-10-411804-4  
  • 斎藤憐『ジャズで踊ってリキュルで更けて 昭和不良伝 西條八十 』(岩波書店、2004年) ISBN 4-00-023404-8
  • 斎藤憐 『カナリア 西條八十物語』(而立書房、2000年)
  • 筒井清忠『西條八十』(中公叢書、2005年) ISBN 412-0036235、中公文庫、2008年、 ISBN 412-2050855
  • 筒井清忠ほか『西條八十と昭和の時代』(ウェッジ選書、2005年) ISBN 4-900594-84-9
  • 西條嫩子『父西條八十』(中公文庫、1978年)
    • 新版改題 『〈かなりや〉をつくった西條八十 父西條八十』(ゆまに書房、1998年)
  • 西條嫩子『父西條八十は私の白鳥だった』 (集英社文庫 1990年)
  • 西條八束『父・西條八十の横顔』(西條八峯編、風媒社、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)147頁