西武船橋店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
そごう・西武 > 西武百貨店 > 西武船橋店
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
西武船橋店
Seibu Funabashi
Seibu Funabashi.jpg
店舗概要
所在地 273-8550
千葉県船橋市本町1-2-1
座標 北緯35度42分3.75秒 東経139度59分1.96秒 / 北緯35.7010417度 東経139.9838778度 / 35.7010417; 139.9838778座標: 北緯35度42分3.75秒 東経139度59分1.96秒 / 北緯35.7010417度 東経139.9838778度 / 35.7010417; 139.9838778
開業日 1967年(昭和42年)9月22日
閉業日 2018年(平成30年)2月28日
正式名称 西武船橋店
施設所有者 株式会社そごう・西武
商業施設面積 34,649 m²
営業時間 10:00 - 20:00
最寄駅 船橋駅
SEBU
テンプレートを表示

西武船橋店(せいぶふなばしてん)は、かつて千葉県船橋市本町に所在していた、そごう・西武運営の日本の百貨店である。

概要[編集]

西武百貨店の多店舗化の一環として1967年9月22日に開店。当時の周辺には高層ビルがなく、6階建ての「海の見える百貨店」というキャッチコピーを掲げていた。

1977年に増築し、10階までフロアを拡張した。本館とロフト館からなり、本館と京成船橋駅直結の船橋フェイスビルは地下道で繋がっており、シャポー船橋や同系列のイトーヨーカドーと隣接していた(ヨーカドーは駅北口側)。

1979年には、東京池袋にあった西武美術館(後のセゾン美術館)の姉妹館が店内に設けられた(1996年閉館)[1][2]

最盛期には売上高551億円(1991年度)に達したが、駅と直結する東武百貨店船橋店や、ららぽーとTOKYO-BAY、さらに2012年4月に隣の東武アーバンパークライン新船橋駅前に開業したイオンモール船橋などとの競争に晒され、2016年度の売上高は169億円と、ピーク時の3割まで低迷した。

2018年2月28日をもって、西武・ロフトともに営業終了[3]。跡地については、マンション・公共施設の複合施設化を検討している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特別講座 美術館は静かにどこへ向かうのか 第一回 美術館の閉館は誰の問題か? (PDF)”. 美学校 (2015年1月26日). 2018年12月30日閲覧。
  2. ^ 日本の美術展覧会記録1945-2005”. 国立新美術館. 2018年12月30日閲覧。
  3. ^ 西武船橋店が閉鎖、駅周辺の顧客争奪で苦戦”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2017年8月26日). 2018年3月1日閲覧。
  4. ^ “西武船橋跡地 高層マンション計画 船橋市「慎重に検討」”. 東京新聞. (2018年12月20日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201812/CK2018122002000165.html 2018年12月30日閲覧。 

関連サイト[編集]