西沢笛畝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西沢 笛畝(にしざわ てきほ、1889年1月1日 - 1965年10月24日)は、大正時代から昭和時代にかけての日本画家

東京出身。旧姓は石川。本名は昂一。西沢仙湖の女婿。荒木寛畝荒木十畝に師事し、人形絵を得意とした。1924年、画報社から磯田長秋、織田観潮、川崎小虎、川村彩天、桐谷洗鱗らとともに『大正震災木版画集』(全36図)という版画集を出す。これは1月から毎月3図ずつ刊行した。文展帝展などに出品、人形を収集・研究した。

著書[編集]

  • 『諸国絵馬集』編 芸艸堂 1918
  • 『日本画の描き方』日進堂 1919
  • 『花がたみ』編 芸艸堂 1922
  • 『うないのとも』編 山田芸艸堂 1924
  • 『端午玩具集』芸艸堂 1925
  • 『虫類百姿』第1-4集 芸艸堂 1925-1927
  • 『雛』銀座美術園編 芸艸堂 1927
  • 『日本画自在』芸艸堂 1929
  • 『日本画の新らしい描き方』崇文堂出版部 1931
  • 『人形集成』第1-10輯 編著 芸艸堂 1930-1932
  • 『人形珠玉集』編 芸双堂 1933
  • 雅叙園天井絵集』芸艸堂 1934
  • 『人形雛絵集』芸艸堂 1934
  • 『現代名家素描集 第11輯 (西沢笛畝自選素描集 花鳥篇)』芸艸堂 1940
  • 『虫ノイロイロ』古川晴男指導 1941 講談社の繪本
  • 『日本人形大類聚』便利堂 1942
  • 『大東亜玩具史』大雅堂 1943
  • 『立体浮世絵』芸艸堂出版部 1946
  • 『日本画を学ぶ人へ』芸艸堂出版部 1947
  • 『日本画の新しい描き方』崇文堂 1950
  • 『日本の人形』山辺知行共編 河出書房 1954 日本美図絵
  • 『玉川こども百科 にんぎょう』編 玉川大学出版部編 誠文堂新光社 1955
  • 『人形』1956 講談社版アート・ブックス 日本美術シリーズ
  • 『日本の人形と玩具』岩崎書店 1957
  • 『古典の人形』芸艸堂 1958 工芸叢書
  • 『日本郷土玩具事典』岩崎美術社 1965
  • 『西沢笛畝百花画帖』光村推古書院 1976
  • 『西沢笛畝人形画譜』光村推古書院 1977
  • 『御所人形十二趣』芸艸堂 1979
  • 『雛百種』久保田米斎共編 芸艸堂 1979
  • 『うなゐの友』清水晴風共著 芸艸堂 1982

出典[編集]

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大辞典
  • 町田市立国際版画美術館編 『浮世絵モダーン 深水・五葉・巴水…伝統木版画の隆盛』 町田市立国際版画美術館、2005年 ※90頁