西浦颯大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西浦 颯大
オリックス・バファローズ #00
Nishiura00.jpg
2018年4月20日 タマホームスタジアム筑後にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県八代市
生年月日 (1999-05-21) 1999年5月21日(20歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2017年 ドラフト6位
初出場 2018年10月1日
年俸 480万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西浦 颯大(にしうら はやと、1999年5月21日 - )は、オリックス・バファローズに所属する熊本県八代市出身[2]プロ野球選手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

八代市立鏡西部小学校3年生時に、軟式の小川キングリバーズで野球を始め[3]、6年生時(2011年)には福岡ソフトバンクホークスのジュニアチームでNPB12球団ジュニアトーナメントに出場している[3]。鏡中学校時代は硬式の熊本北リトルシニアに在籍し、3年生時(2014年)には第2回15U野球ワールドカップ日本代表に選出された[3][4]

明徳義塾高等学校では、1年春から公式戦出場を果たす。1年夏の高知県大会でも20人のメンバー入りし、チームは優勝し甲子園出場を果たしたものの、西浦自身は県予選の不振により甲子園本戦の18人メンバーから漏れた[3][5]。1年秋からはレギュラーに定着し、2年春から3年夏まで自身計4度の甲子園出場を果たした。2年春の選抜は3番・右翼手として出場するも1回戦で龍谷大平安に敗退[6]2年夏の選手権では主に3番・一塁手として出場し、3回戦の嘉手納戦で満塁ホームランを放ち[7]、準決勝で今井達也を擁し優勝した作新学院に敗れたものの[8]、ベスト4の成績を残した。3年次は3番・右翼手に戻り、春の選抜では1回戦で清宮幸太郎を擁する早実に敗退[9]3年夏の選手権では2回戦で前橋育英に敗退[10]。甲子園4大会通算で33打数12安打6打点1本塁打の成績を残した[3]。高校の1学年先輩には古賀優大がいる。

2017年度ドラフト会議オリックス・バファローズから6位指名を受け[11]、契約金3,000万円・年俸480万円(推定)の条件で契約を結んだ。背番号は00となった[12]

プロ入り後[編集]

2018年、10月1日に初めて一軍出場選手登録されると、同日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)で8番・右翼手の先発としてプロ初出場。5回表の第2打席で藤平尚真から右前にプロ初安打を放つと、そのままプロ初盗塁となる二盗を記録した。

2019年はオープン戦から「2番・中堅手」候補としてスタメン起用され、オープン戦16試合で打率.161・56打数で15三振を喫した一方、3月8日の対読売ジャイアンツ戦(京セラドーム大阪)で菅野智之から3点本塁打を放つなど[13]、.429の得点圏打率と12球団4位タイの12打点を記録した[14]。開幕1軍メンバーに選出されると、3月29日の開幕戦北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)において2番・中堅手として自身初の開幕スタメンを掴み、プロ初打点となる適時打を含む2安打を記録した。8番・中堅手として出場した5月10日の楽天戦で青山浩二からプロ初本塁打。10代での本塁打は、オリックスでは1993年鈴木一朗(後のイチロー)以来であった[15]

選手としての特徴・人物[編集]

50m走のタイムは5秒9、遠投110m[2]。「鏡で見ながら理想の体形を作るのは楽しい」と、高校時代から半ば趣味として筋力トレーニングに取り組んでおり[16]、高校在学中には背筋力270kgを記録し[17]、オリックス入団直前の身体測定では体脂肪率4.9%と測定された[2]。プロ入り後の課題として、2018年シーズン終盤の記事で「体重を増やしたい」と自身の希望を語った[18]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 オリックス 2 7 6 0 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 1 0 0 3 0 .167 .286 .167 .452
通算:1年 2 7 6 0 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 1 0 0 3 0 .167 .286 .167 .452
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2018 オリックス 2 2 0 0 0 1.000
通算 2 2 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 00(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c オリックス6位西浦、イチロー越え体脂肪率4・9%”. 日刊スポーツ (2017年12月17日). 2018年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道”. 高校野球ドットコム (2017年12月1日). 2018年3月25日閲覧。
  4. ^ 全世代侍ジャパン選手リスト 西浦颯大”. 野球日本代表侍ジャパン公式サイト. 2018年3月25日閲覧。
  5. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 明徳義塾(高知)”. 毎日新聞. 2018年3月25日閲覧。
  6. ^ センバツスコア速報 龍谷大平安 対 明徳義塾”. 日刊スポーツ (2016年3月21日). 2018年3月25日閲覧。
  7. ^ 夏の甲子園2016 明徳義塾 対 嘉手納”. 日刊スポーツ (2016年8月16日). 2018年3月25日閲覧。
  8. ^ 夏の甲子園2016 作新学院 対 明徳義塾”. 日刊スポーツ (2016年8月20日). 2018年3月25日閲覧。
  9. ^ 第89回センバツ高校野球大会 ▼1回戦 2017/03/24(金) 早実(東京)-明徳義塾(高知)”. サンケイスポーツ (2017年3月24日). 2018年3月25日閲覧。
  10. ^ 夏の甲子園2017 明徳義塾 対 前橋育英”. 日刊スポーツ (2017年8月16日). 2018年3月25日閲覧。
  11. ^ 2017年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2017年10月26日). 2018年3月25日閲覧。
  12. ^ 「目標はイチロー選手」 明徳・西浦選手、オリックスと仮契約 /高知”. 毎日新聞 (2017年11月10日). 2018年3月25日閲覧。
  13. ^ 同点タイムリーや3ランや!オリ・西浦、菅野撃ち4打点「めちゃくちゃ気持ちよかった」”. サンケイスポーツ (2019年3月9日). 2019年3月29日閲覧。
  14. ^ プロ野球 オープン戦打者成績 - 打点”. スポーツナビ. 2019年3月29日閲覧。
  15. ^ 【オリックス】西浦、イチロー以来の10代弾「うれしかった」”. スポーツ報知 (2019年5月11日). 2019年5月12日閲覧。
  16. ^ 明徳義塾・西浦颯大 自称“Cロナ級”肉体「人から憧れられる体が理想」”. 東スポWeb (2017年8月10日). 2018年3月25日閲覧。
  17. ^ オリ・ドラ6西浦“イチ超えボディー”体脂肪率は驚異の5%”. スポーツニッポン (2017年12月17日). 2018年3月25日閲覧。
  18. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.94.

関連項目[編集]