西淡路ライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社西淡路ライン
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
兵庫県津名郡
業種 海運業
事業内容 一般定期旅客航路事業
代表者 長野繁夫
テンプレートを表示

株式会社西淡路ライン(にしあわじライン)は、兵庫県海運会社。かつて淡路島西岸と明石港を結ぶ航路を運航していた。

概要[編集]

明石市明石港津名郡北淡町(現在の淡路市)の富島港を結ぶ旅客航路を運航していた。

かつてこの航路は西淡連絡汽船が運航していたが、阪急グループ傘下となり阪急内海汽船となった。その後、阪急グループの撤退により、西淡路ラインが設立された。西淡路ラインへの移行後は、競合する播淡聯絡汽船・淡路連絡汽船に先駆けて高速船を就航させるなどしていたが、明石海峡大橋開通後の旅客減により運航継続が困難となり、2001年9月18日から10月9日まで運航要員を確保できないため全便運休となった後、2001年11月で運航休止、事業から撤退した。

その後、航路・施設・従業員を淡路ジェノバラインが継承して2002年4月から運航を再開したが、2008年5月18日に再び航路休止となった。

阪神淡路大震災の際はメリケンパーク - 岩屋港間の臨時航路を運航した。

航路[編集]

船舶[編集]

  • 富貴
鈴木造船建造
  • 富貴2
鈴木造船建造
  • 富貴3
1985年5月竣工、鈴木造船建造、航路廃止後はやまさ海運へ売却、「マルベージャ3」として軍艦島クルーズに就航。
94総トン、登録長26.01m、型幅6.00m、型深さ2.57m
  • 富貴5
鈴木造船建造、航路廃止後は大阪淡路ラインで就航、後に韓国へ海外売船。
98総トン、旅客定員210名、航海速力23ノット
  • 富貴8
1994年1月竣工、江藤造船建造、鉄道建設・運輸施設整備支援機構共有、航路廃止後は台湾へ海外売船。
115総トン、全長38.50m、型幅6.00m、型深さ2.82m、ディーゼル2基、機関出力2,000PS、航海速力21.5ノット、旅客定員232名

脚注[編集]

[ヘルプ]