西淡路高射砲台跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東淀川区 高射砲台跡

西淡路高射砲台跡(にしあわじこうしゃほうだいあと)は、大阪府大阪市東淀川区西淡路にある、1935年昭和10年)ごろ、旧日本軍により建設された高射砲台の跡地である。

概要[編集]

大阪府大阪市東淀川区西淡路にある高射砲台の跡地。旧日本軍が第二次世界大戦中に建設した。当時は扇形上に6基が建設されたが、うち1基のみ現存している。

建設当時、地名から国次高射砲陣地と呼ばれていた[1]

歴史[編集]

  • 1942年(昭和17年)ごろ、地上に土を盛って四門の高射砲が設置された
  • 1944年(昭和19年)ごろ、高床式砲台の建設が始まった
  • 1945年(昭和20年)6月ごろ、鉄筋コンクリート(RC)造高射砲台六基とその中心に同じくRC造二階建て指揮所完成
  • 終戦時、150 - 200名ほどが所属する「陸軍第十五方面軍高射第三師団第一二二連隊第一大隊第一中隊」が駐屯していた
  • 終戦後、砲台は住宅地等に転用される。西端の六番砲台は一階部の壁を撤去し、鉄工所の一部として利用される
  • 1989年(平成元年)、東側の一番、二番砲台が解体
  • 2012年(平成24年)、四番、五番砲台が解体
  • 現在、西端の六番砲台は一階部分の壁を撤去し、強固な構造を活かし、鉄工所の一部として利用されている

出典は[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 大阪市東淀川区役所『戦後70年 わたしの東淀川遺産』大阪市東淀川区役所総務課、2015年10月。全国書誌番号:22811581
  • 北崎秀和「フォトコラム まちなかの戦争遺跡 西淡路高射砲台」『大阪春秋』平成28年夏号通巻No.163、2016年7月、 ISBN 978-4-88269-842-5。

関連項目[編集]