西澤潤一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西澤 潤一
生誕 (1926-09-12) 1926年9月12日
大日本帝国の旗 大日本帝国宮城県仙台市
死没 (2018-10-21) 2018年10月21日(92歳没)
日本の旗 日本宮城県仙台市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 電子工学通信工学
研究機関 上智大学特任教授
出身校 東北大学
主な業績 半導体デバイス、半導体プロセス、光通信の開発
主な受賞歴 日本学士院賞(1974年)
エジソンメダル(2000年)
プロジェクト:人物伝

西澤 潤一(にしざわ じゅんいち、1926年9月12日 - 2018年10月21日)は、日本の工学者。 専門は電子工学通信工学で、半導体デバイス、半導体プロセス、光通信の開発で独創的な業績を挙げた。半導体関連の特許保有件数は世界最多である[1]

上智大学特任教授。東北大学名誉教授日本学士院会員。 東北大学総長、岩手県立大学学長首都大学東京学長を歴任。

来歴[編集]

  • 宮城県仙台市出身。西澤恭助(東北帝国大学教授)の長男として生まれる。
  • 渡辺寧に師事、半導体研究の黎明期から従事し数多くの成果を上げ、「ミスター半導体」とも呼ばれる。しかし、若い頃はその着想が先進的に過ぎて理解者に恵まれず、学会での同業研究者からの攻撃や研究資金獲得の困難に見舞われ、西澤のアイデアがアメリカで先んじて開発に成功することも度々であった。
  • 2018年10月21日、仙台市で死去。92歳没[2]

人物[編集]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

  • 1968年5月 財団法人半導体研究振興会 半導体研究所長
  • 1997年
    • 4月 東北自治総合研修センター館長
    • 9月 宮城大学名誉学長

その他役職[編集]

  • 日本学術振興会21世紀COEプログラムプログラム委員会委員(2006年度)
  • 社団法人日本工学アカデミー名誉会長
  • 社団法人先端技術産業戦略推進機構会長
  • 財団法人松前国際友好財団理事
  • 財団法人斎藤報恩会理事
  • 財団法人警察協会理事
  • 財団法人東北大学研究教育振興財団理事長
  • 社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩理事
  • 財団法人カシオ科学振興財団理事
  • 國語問題協議會評議員
  • 社団法人日中科学技術文化センター名誉会長
  • 財団法人2007年ユニバーサル技能五輪国際大会日本組織委員会副会長
  • 財団法人尾崎行雄記念財団評議員
  • 財団法人東北開発記念財団理事
  • 日本ヒートアイランド学会最高顧問
  • 財団法人科学技術交流財団顧問
  • 財団法人全日本地域研究交流協会顧問
  • 社団法人原子燃料政策研究会会長
  • 財団法人七十七ビジネス振興財団理事
  • 財団法人半導体研究振興会理事
  • 財団法人地球環境戦略研究機関顧問
  • 財団法人マツダ財団評議員
  • 特定非営利活動法人全日本自動車リサイクル事業連合名誉顧問
  • 文理シナジー学会顧問
  • 特定非営利活動法人ITSSユーザー協会会長
  • 財団法人インテリジェント・コスモス学術振興財団理事長
  • 財団法人世界平和研究所顧問

業績[編集]

主な業績として次のものが挙げられる。

受賞歴[編集]

栄典・顕彰[編集]

著書[編集]

  • 『闘う独創技術』日刊工業新聞社、1981年5月。ISBN 4526012475
  • 『愚直一徹-私の履歴書-』日本経済新聞社、1985年10月。ISBN 4532093910
  • 『独創は闘いにあり』プレジデント社、1986年2月/新潮社(新潮文庫)、1989年2月
  • 『西澤潤一の独自開発論』工業調査会、1986年3月。ISBN 4769350155
  • 『「技術大国・日本」の未来を読む』PHP研究所、1989年9月。ISBN 4569525334
  • 『私のロマンと科学』中央公論社(中公新書)、1990年3月。ISBN 4121009665
  • 『独創教育が日本を救う』PHP研究所、1991年8月。ISBN 4569532748
  • 『人類は滅亡に向かっている』潮出版社、1993年12月。ISBN 4267013438
  • 『東北の時代―もはや一極集中の時代ではない』潮出版社、1995年4月。ISBN 4267013829
  • 『教育の目的再考』岩波書店、1996年4月。ISBN 4000044303
  • 『新学問のすすめ-21世紀をどう生きるか』本の森、1997年9月。ISBN 4938965011
  • 『背筋を伸ばせ日本人』PHP研究所、1999年6月。ISBN 4569606091
  • 『人類は80年で滅亡する』東洋経済新報社、2000年2月。ISBN 4492221875
  • 『教育亡国を救う』本の森、2000年8月。ISBN 4938965275
  • 『赤の発見 青の発見』白日社、2001年5月。ISBN 4891731028
  • 『日本人よロマンを』本の森、2002年10月。ISBN 4938965453
  • 『戦略的独創開発』工業調査会、2006年4月
  • 『生み出す力』PHP研究所(PHP新書)、2010年8月
  • 『わたしが探究について語るなら』ポプラ社、2010年12月。ISBN 9784591121429

特許[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 【コラム】金正恩委員長の言動に見る「韓国が失ってしまったもの」Chosun Online | 朝鮮日報” (日本語). www.chosunonline.com. 2018年10月14日閲覧。
  2. ^ “西澤潤一さん死去 東北大元総長 ミスター半導体 92歳”. 河北新報. (2018年10月26日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181026_13065.html 2018年10月26日閲覧。 
  3. ^ 「闘う独創研究者」西澤潤一博士が逃した大魚 | IT・電機・半導体・部品” (日本語). 東洋経済オンライン (2018年10月28日). 2019年7月18日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年10月26日). “西澤潤一氏が死去 「ミスター半導体」 元東北大総長” (日本語). 産経ニュース. 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ 世界日報 2001年 新春教育座談会「21世紀・日本の教育のゆくえ」(下)
  6. ^ 西澤潤一「静電誘導トランジスタ」『サイエンス』、日経サイエンス社、1983年2月号、 30頁。
  7. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
永野健
日本工学アカデミー会長
第5代:2002年 - 2006年
次代:
中原恒雄