西瀬戸尾道インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:インターチェンジ施設の画像提供をお願いします。2016年3月
西瀬戸尾道インターチェンジ
所属路線 E76 西瀬戸自動車道(しまなみ海道)
IC番号 1
起点からの距離 0.0 km(西瀬戸尾道IC起点)
所属路線 E76 尾道福山自動車道
IC番号 1
起点からの距離 3.7 km(福山西IC起点)
西藤IC (2.7 km)
所属路線名 松永道路
起点からの距離 246.5 km(大阪起点)
西藤IC (2.7 km)
所属路線名 尾道バイパス
起点からの距離 246.5 km(大阪起点)
(2.7 km) 栗原IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
供用開始日 1999年(平成11年)3月13日
通行台数 x台/日
所在地 722-0052
広島県尾道市山波町
備考 高須ICを併設
テンプレートを表示

西瀬戸尾道インターチェンジ(にしせとおのみちインターチェンジ)は、広島県尾道市にある西瀬戸自動車道(通称:しまなみ海道)のインターチェンジである。西瀬戸自動車道の起点となるICである。

概要[編集]

1999年平成11年)以前は高須出入口(仮称)という名称で運用され一般道とのみ接続されていたが、新尾道大橋開通にあわせた改良により国道2号バイパスと直結され、山陽自動車道福山西ICから尾道福山自動車道(国道2号松永道路)経由で西瀬戸自動車道へと、連続走行が可能となり、現在はジャンクションとしての機能も持ち合わせている。

同地点にある国道2号バイパスの出入口は高須ICと呼ばれており、国道2号松永道路と尾道バイパスの接続点でもある。

西瀬戸自動車道を北伸し、尾道JCTに接続する構想もある[1]

道路[編集]

直接接続

周辺[編集]

[編集]

E76 西瀬戸自動車道
(1)西瀬戸尾道IC - (2)尾道大橋出入口
国道2号松永道路
高須IC - 西瀬戸尾道IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]