西田明央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
西田 明央
東京ヤクルトスワローズ #30
西田明央.jpg
2012年6月8日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1992-04-28) 1992年4月28日(28歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 2013年5月20日
年俸 2,500万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西田 明央(にしだ あきひさ、1992年4月28日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手捕手)。右投右打。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

小学1年生の時に京都の伏見桃山クラブで投手として野球を始める。京都の伏見中学校時代は京都ファイターズに所属、主に捕手でプレーした。

河上監督に誘われ北照高校へ野球留学。1年春から長打力を期待され、捕手以外のポジション(二塁手三塁手外野手)で出場。2年秋の新チームから主将として捕手へ戻った。打っては3番打者として勝負強い打撃で、9試合9打点をマークし、北海道大会優勝に貢献。秋だけで14本塁打を量産。守ってはエース・又野知弥を好リードし、春夏連続甲子園出場を果たした。なお春の甲子園では選手宣誓の大役を果たした。

2010年ドラフト東京ヤクルトスワローズから3位指名を受ける。又野もヤクルトに4位指名され、北海道の同じ高校から2人指名されたのは史上初の快挙である[2]

プロ入り後[編集]

2013年、5月20日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、一軍デビューを果たし、9月12日の広島東洋カープ戦で、プロ入り初のスタメンマスクをかぶった。またイースタン・リーグでは、同僚の荒木貴裕に次ぐリーグ2位の、打率.331をマークした。

2014年、9月24日の広島戦で、プロ入り初本塁打を含む3安打4打点を記録し、ルーキーで同じ北海道の高校出身の杉浦稔大のプロ初勝利をアシストするとともに、自身もスタメンマスク初勝利を飾った[3][4]。なお、一学年上の杉浦とは、高校時代に練習試合で対戦したこともある[4]

2016年は、畠山和洋が左有鉤骨骨挫傷で戦線離脱したことや、中村悠平を正捕手として使用している事情から、一塁手として出場する機会もあったが、打力を買われてスタメン捕手として出場する機会が増えた。

2017年、打率.137と打力が低迷し前年より出場機会は大幅に減った。

2018年、プロ入り後最少となる4試合の出場に終わった。

2019年、主に代打や守備固めといった途中出場が多かったが、前年よりは多い47試合に出場した。

2020年、正捕手の中村や新加入の嶋基宏が相次いで故障したため開幕から先発出場する機会が増えた。8月15日の横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で小川泰弘とバッテリーを組み、小川の史上82人目となるノーヒットノーランをアシストした。

選手としての特徴・人物[編集]

遠投110mの強肩。二塁送球は1.8秒を記録する。高校通算34本塁打[2]

2019年のシーズンオフに、名古屋市在住の一般女性と7月に結婚していたことを公表した[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 ヤクルト 5 8 8 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .125 .125 .125 .250
2014 8 22 20 2 5 2 0 1 10 4 0 0 0 0 1 0 1 4 0 .250 .318 .500 .818
2015 13 40 34 1 5 1 0 1 9 2 0 0 3 0 3 0 0 11 1 .147 .216 .265 .481
2016 74 245 222 29 54 16 1 7 93 25 0 0 4 0 18 2 1 39 5 .243 .303 .419 .722
2017 37 86 73 4 10 3 0 1 16 7 1 0 0 1 11 0 1 20 2 .137 .256 .219 .475
2018 4 7 7 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .143 .286
2019 47 62 54 2 11 5 0 0 16 4 0 0 0 0 8 1 0 16 1 .204 .306 .296 .603
2020 69 215 190 20 44 5 0 7 70 20 0 1 1 1 20 2 3 48 4 .232 .313 .368 .682
NPB:8年 257 685 608 60 131 32 1 17 216 62 1 1 8 2 61 5 6 141 13 .215 .292 .355 .648
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手 一塁


































2013 ヤクルト 5 12 0 1 0 .923 0 2 2 0 .000 -
2014 6 48 5 0 1 1.000 0 3 1 2 .667 -
2015 11 80 12 0 3 1.000 1 15 10 5 .333 -
2016 56 269 31 4 4 .987 2 43 29 14 .326 21 141 11 0 12 1.000
2017 24 127 10 3 0 .979 1 14 10 4 .286 8 41 0 1 2 .976
2018 2 2 0 0 0 1.000 0 0 0 0 .---- 1 8 0 0 2 1.000
2019 15 51 9 1 1 .984 1 2 2 0 .000 1 0 0 0 0 .000
2020 62 381 46 1 4 .998 1 47 34 13 .277 3 18 1 0 1 1.000
通算:7年 181 970 113 10 13 .991 6 126 88 38 .302 34 208 12 1 17 .995
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (2011年 - )

登場曲[編集]

  • 「More Than Friends feat.Daddy Yankee」INNA (2014年 - 2015年〈3打席目以降〉)
  • 「Share Happiness」Breathe(2015年〈1~2打席目〉- 2016年〈1~2打席目〉)
  • MONSTER DANCEKEYTALK(2016年〈3打席目以降〉、2017年〈偶数打席〉、2018年〈偶数打席〉、2019年〈奇数打席〉)
  • 「OUR HERO ~勝利への道~」Lino(2017年〈1打席目〉- 2018年〈1打席目〉)
  • REASONゆず(2017年〈3・5打席目〉、2018年〈3・5打席目〉、2019年〈偶数打席〉)
  • LIFE ~目の前の向こうへ~関ジャニ∞(2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 28日ドラフト、北照・又野&西田が同時指名待つ!”. スポーツ報知. 2010年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月19日閲覧。
  3. ^ 燕、ヤングパワーだ!杉浦の初勝利&西田プロ1号&山田2発!!”. SANSPO.COM (2014年9月25日). 2015年1月24日閲覧。
  4. ^ a b 北海道新聞、2014年9月25日 「道産バッテリー 主ヤク 杉浦 初勝利 西田 初本塁打」
  5. ^ 燕の正捕手へ!ヤクルト・西田が一般女性と結婚、食事など献身サポート”. SANSPO.COM (2019年12月11日). 2020年3月24日閲覧。

関連項目[編集]