西田正規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西田 正規(にしだ まさき、1944年 - )は、日本の人類学者、筑波大学名誉教授。

略歴[編集]

京都府生まれ。京都大学理学部人類学科卒、同大学院博士課程退学(自然人類学)。1980年「縄文時代の食料資源と生業活動 鳥浜貝塚の自然遺物を中心として」で理学博士京都大学霊長類研究所を経て、筑波大学助教授、教授となる[1]。2007年定年退任、名誉教授[2]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『森を追われたサルたち 人類史の試み』加藤晋平共著 同成社 1986
  • 『人間性の起源と進化』北村光二, 山極寿一共編. 昭和堂 2003

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人類史のなかの定住革命』著者紹介
  2. ^ 西田正規先生略年譜・著作目録 (西田正規先生退職記念号)筑波大学先史学・考古学研究 (18), 72-76, 2007