西田祥実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西田 祥実
生誕 1892年3月1日
日本の旗 日本 高知県
死没 (1944-02-21) 1944年2月21日(51歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1913 - 1944
最終階級 陸軍中将(追贈)
テンプレートを表示

西田 祥実(にしだ よしみ、1892年(明治25年)3月1日 - 1944年(昭和19年)2月21日)は、日本陸軍軍人陸士25期

第二次世界大戦中、エニウェトクの戦いにて戦死した。最終階級は陸軍少将、死後中将

経歴[編集]

高知県士族出身。陸軍士官学校卒業後、歩兵第41連隊[1]。歩兵第223連隊長などを経て京都連隊区司令官。在任中に少将に昇進。

満州第3独立守備隊長であった1943年(昭和18年)、軍令陸甲第106号による同守備隊の海上機動第1旅団への改編に伴い、同旅団長に就任。同旅団はマーシャル諸島エニウェトク島における主要な守備戦力であった。

1944年2月、アメリカ海兵隊によるエニウェトク環礁侵攻が始まる。西田は海岸で米軍を足止めすることを計画して1ヶ月前から防御陣地の構築を進めていたものの、彼がおよそ800人の将兵と共に展開していたエニウェトク島は極めて狭かった為に十分な防御態勢を取ることができなかった[2]。エニウェトク島を巡る戦いで戦死した米海兵隊員はわずか37人だったが、日本軍守備隊は西田を含むおよそ800人全員が戦死した。

年譜[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 上法快男監修,外山操編『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(芙蓉書房、昭和56年)
軍職
先代:
なし
歩兵第223連隊長
初代:1939年3月25日 - 1940年12月2日
次代:
高木正実
先代:
石井信
関東軍歩兵第2下士官候補者隊長
第3代:1940年12月2日 - 1941年9月19日
次代:
菊地三郎
先代:
木村直樹
京都連隊区司令官
第9代:1941年9月19日 - 1942年12月1日
次代:
村井権治郎
先代:
岩佐俊
第3独立守備隊長
第8代:1942年12月1日 - 1943年11月14日
次代:
なし
(海上機動第1旅団に改編)
先代:
なし
海上機動第1旅団
初代:1943年11月14日 - 1944年2月23日
次代:
なし
(壊滅)