西田靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西田靖
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1961-10-28) 1961年10月28日(57歳)
身長 162cm
体重 53kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 東京支部
登録番号 3072
登録期 51期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1982年
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

西田 靖(にしだ やすし、1961年10月28日[1][2] - )は、神奈川県出身[3]競艇選手。 登録番号3072。身長163cm。血液型B型。51期。東京支部所属。

来歴[編集]

1961年10月28日静岡県静岡市岩本町に生まれ、東京都練馬区大泉学園町で育つ[2]東京都立光丘高等学校中退後、美容師見習いとなったが、新聞の募集広告を見たのがきっかけで競艇選手を志し、2度目の受験で本栖研修所に合格した[4]

1982年、51期生としてデビュー。

1991年6月、住之江GC決定戦で1号艇で優出。インコース進入となり2マーク桑原淳一に全速ターンで競り勝ちSG初優勝。登録3000番台以降の選手として初のSG制覇となった。さらに8月の下関MB記念でも1号艇で優出、4コース進入となったが先行する佐藤勝生を2周1マーク差して逆転勝ちでSG2連覇を果たす。

2011年12月19日福岡アビスパ福岡杯7Rにおいて2コースから飯山晃三を差し切り、通算2000勝を達成している。

選手特徴[編集]

デビュー当時はセンター、アウトからの自在戦を得意としていた。地元水面である平和島江戸川の悪条件でも果敢なまくりを披露していた。

持ちペラ制度時代はプロペラグループ「湘南ジェット」に所属。エンジン整備・プロペラ作りの名手としても知られ、驚異的なピット離れでインコースを奪う「スーパーピット離れ」で旋風を巻き起こした。プロペラ制度変更後も積極的なコース取りを行うイン屋のスタイルを貫いている。

エピソード[編集]

  • カーレースが好きで、小学生の頃から見ており、その分野ではオタクを自認している。好きなF1レーサーはジャンカルロ・フィジケラ
  • 尊敬している人物は加藤峻二
  • 西島義則は2期先輩にあたるが、同い年で誕生日も2日違いということもあり「同級生」意識がある。
  • 妻は同業の競艇選手だった。職業柄、腰痛などに悩まされ、西田はそれをフォローして、結婚した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 蛭子能収『競艇入門』、ポケットブック社、1992年11月、P160。
  2. ^ a b 木村1992、25頁。
  3. ^ 蛭子1992、160頁。
  4. ^ 木村1992、26-27頁。

参考文献[編集]

  • 蛭子能収『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。ISBN 978-4-341-14038-0。
  • 木村幸治『水上の格闘者たち』講談社、1992年。ISBN 978-4-06-204715-9。