西町 (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 北海道 > 札幌市 > 西区 > 西町 (札幌市)
西町
西町の位置(札幌市内)
西町
西町
西町の位置
座標: 北緯43度04分55.99秒 東経141度17分1.04秒 / 北緯43.0822194度 東経141.2836222度 / 43.0822194; 141.2836222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 西区
人口 (2017年(平成29年)1月1日現在[1])
 - 計 12,575人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 063-0061〜62
市外局番 011[2]
ナンバープレート 札幌

西町(にしまち)は北海道札幌市西区の中央やや西部にある地名。面積わずか1.1km2と西区内では狭い地区であるが、大規模商業施設をはじめ自動車販売会社、各種企業、遊戯施設、金融機関斎場病院など道路に面して様々な施設がある一方、住宅も多い地区である。

地理[編集]

以前は手稲東と呼ばれた地区で旧手稲町時代から、旧国道5号線(通称北5条手稲通:北海道道124号宮の沢北一条線)の札幌 - 小樽間を通過する地区である。この道路(道路自体は東西に伸びているわけではなく、南東から北西にかけて斜めに伸びている)を挟んで両側に所在する。道路より北東側を西町北、南西側を西町南と呼ぶ。道路沿いのため土地はなだらかではあるが南から北へと緩やかな傾斜がある。

住居表示は、西町北1丁目から20丁目、西町南1丁目から21丁目まで存在するが、10丁目以降は必ずしも向かい合わせになっておらず、11丁目から1区画ずれている。

隣接している地区は、東側は琴似発寒川を挟んで琴似、西側が西野・屯田通を境に宮の沢、南側が西野、北側が二十四軒・手稲通を境に発寒となっている。

歴史[編集]

  • 1882年明治13年):手稲村大字上手稲村の一地区となる。
  • 1942年昭和17年):手稲町の大字三村が廃止され、十二字区になり、札幌郡手稲町字東となる。
  • 1965年(昭和40年):札幌市営バスが手稲東町(現西町北7丁目)を拠点として、西野、平和、福井方面にマイクロバスでの運行開始(西野第二線、平和の滝線、福井えん堤線)。
  • 1967年(昭和42年):手稲町が札幌市と合併。住居表示は札幌市手稲東○番地の△となる。
  • 1970年(昭和45年):住居表示が、北5条手稲通(旧国道5号線)を境に、発寒側は手稲東○北△丁目、西野側は手稲東○南△丁目となる。
  • 1972年(昭和47年):札幌市が政令指定都市となり区制施行。札幌市西区の一地区となり、住居表示は札幌市手稲東から札幌市西区手稲東となる。
  • 1989年平成元年):西区から手稲区が分区する際に、「手稲東」を住民から募集した「西町」という名称に変更。現在の丁目住居表示になる。

住所[編集]

町丁 郵便番号
西町北1丁目~20丁目 063-0061
西町南1丁目~21丁目 063-0062

交通[編集]

教育機関[編集]

  • (私)手稲東保育園(西町南13丁目)
  • (私)西野第二さくら幼稚園(西町北18丁目)

公共施設[編集]

  • 札幌市手稲記念館(西町南21丁目)
  • 手稲東児童会館(西町北10丁目)
  • 西町会館(西町南9丁目)
  • 札幌西町北郵便局(西町北6丁目)
  • 札幌宮の沢郵便局(西町北19丁目)

関連施設・商業施設[編集]

  • 発寒南バス発着場(西町北7丁目)
  • 西友西町店(西町南6丁目)
  • ジョイ (スーパーマーケット)(西町北7丁目)
  • マクドナルド西町店(西町北2丁目)
  • ロイヤルホスト(西町北4丁目)
  • ヴィクトリアステーション(西町北10丁目)
  • ナムコワンダーシティ(西町北13丁目)
  • むすめやホール 西町(西町北8丁目)
  • 西区博善斎場(西町北12丁目)
  • やわらぎ斎場 西町(西町南18丁目))
  • 證誓寺(西町南8丁目)
  • 札幌西福音キリスト教会(西町北8丁目)
  • 末日聖徒教会(西町南15丁目)
  • 勤医協札幌西病院(西町北19丁目)

脚注[編集]

  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年3月30日閲覧。