西福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西福(せいふく)は、福岡県福岡市にある以下の大学群の総称である。福西(ふくせい)とも呼ぶ。

概要[編集]

西南学院高等学部出身の溝口梅太郎が福岡高等商業学校(現在の福岡大学)を創立したことから、両大学には昔から縁がある。一例として、両大学の野球部は九州六大学野球連盟に所属しているが、毎年春に福岡ドームで行われる公式戦は西福戦福西戦)と呼ばれており、双方の応援者による応援合戦も行われている。これらは学校行事としても認知されているほか、地元ではしばしば話題になる。このように両大学は元々大学野球の対戦カードを中心として成立した関係である。

両大学は九州地方の総合私立大学としては入試難易度最上位グループを占めることから、いわゆる受験スラングとしても「西福(西南・福大)」「福西(福大・西南)」という言葉が定着し、例えば河合塾の大学受験科には「西南・福大選抜文系コース[1]」、代々木ゼミナールの大学受験科には「西南・福大文系[2]」コース等の講座があり、また北九州予備校では毎年11月に「西南・福大プレテスト[3]」という模試が実施されており、それらを始めとして地元九州の各々の予備校のコースや高校の大学合格実績等でこの受験スラングを用いている例が数多く見られる。

西福戦(福西戦)[編集]

西福戦(福西戦)は約60年以上続く伝統の試合で、「九州の早慶戦」と呼ばれることもあり、かつては球場が満席になる目玉カードだった。だが、最近は両チーム間の実力差が顕著になったことや他スポーツの台頭もあり野球の西福戦に関しては人気が低迷している。2006年には西南学院大学関係者を中心に米大リーグにあやかったファンサービスの企画を取り入れた。試合では米国人DJによるメンバー紹介や、攻守交代間のBGM演奏のほか、ミニゲームを実施するなど西福戦(福西戦)を盛り上げる方法を考えている。

西福戦(福西戦)の名勝負[編集]

1997年11月末で福岡市で閉鎖が間近に迫った平和台球場での最後の西福戦(福西戦)があった。雨の中、試合は球場との名残を惜しむかのように延長13回までもつれこむ熱戦。西南学院大学が福岡大学にサヨナラ勝ちし、球場最後の大学野球をしめくくった。当時下位に低迷していた西南学院大学が、人数でやや勝る応援団の後押しを受けて健闘、首位を走っていた福岡大学を下す番狂わせを演じる名勝負だった。

関連項目[編集]