西米良村営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

西米良村営バス(にしめらそんえいバス)は、宮崎県児湯郡西米良村が西米良村営バス運行条例(平成6年12月22日条例第20号)[1]に基づき運行しているコミュニティバスである。

概要[編集]

村中心部にある村所駅を中心に、村内各地に路線を運行する。また、JR九州バス日肥線廃止代替バスとして運行開始された経緯から、県境を越えて隣の熊本県内の湯前駅に至る路線も運行している。2008年より国の補助金廃止を契機に、よりコンパクトな運営のコミュニティバスに移行した[2]

料金は100円刻みの区間制である。道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)を使用する自家用有償旅客運送である。

やまびこ」の愛称が付けられている。

沿革[編集]

  • 1994年10月20日 - JR九州バス路線の廃止に伴い、越野尾 - 仲入間、村所駅 - 大薮橋(椎葉村)間にて村営バス運行開始。
  • 1996年7月17日 - JR九州バス村所駅 - 湯前駅間の廃止に伴い、村所駅 - 湯前駅間運行開始。
  • 2008年10月1日 - コミュニティバスに移行。[2]
    • 15人乗り車両を新たに導入、42人乗り車両と置き換え。
    • 行地谷 - 日向折戸、山之口 - 大藪、吐の谷 - 仲入間は廃止。これにより椎葉村への乗り入れはなくなった。
    • 新たに西米良温泉ゆた~と、西米良診療所、八重地区公民館、吐合橋に乗り入れ開始。上米良線は村道ルート(元米良橋 - 一致橋、上米良橋 - 山の口橋)を新設。

路線[編集]

以下のコースがある(2008年10月1日現在)

小川線

  • (村所駅 - 診療所前 - 村所橋 - 温泉館 - 村所橋 - 診療所前 -) 村所駅 - 越野尾 - (八毛巻) - 越野尾 - 網掛 - (小川)車庫

湯前線

  • 村所駅 - 村所橋 - 温泉館 - 深瀬 - 行地谷 - 荒谷 - 湯前駅

上米良線

  • 村道経由 : 村所駅 - 村所橋 - 温泉館 - 村所橋 - 宮の瀬 - (村道竹原線) - 荒口 - 米良の里下 - 下村 - 市房登山口 - 米良山之口
  • 国道経由 : 村所駅 - 村所橋 - 温泉館 - 村所橋 - 宮の瀬 - (村道竹原線) - 荒口 - 米良の里 - 米良山之口

車両[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 西米良村営バス運行条例
  2. ^ a b c 西米良村広報カリコボーズ平成20年9月号P6-7

関連項目[編集]