西紘平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西 紘平(にし こうへい、1940年7月7日 - )は、日本実業家雪印乳業代表取締役社長や、ロッテアイス代表取締役社長を務めた。

人物・経歴[編集]

宮城県仙台第二高等学校を経て、1964年東北大学農学部卒業、雪印乳業入社。横浜支店長営業促進部長取締役を経て、1999年常務取締役東日本支社長。2000年から代表取締役社長を務め、雪印牛肉偽装事件の対応にあたり、経営再建を進めたが、2002年に辞任した[1][2]。2004年ロッテスノー代表取締役社長[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「雪印乳:連結赤字714億円に拡大、全農や伊藤忠と資本提携を検討(4)」ブルームバーグ2002年3月28日 19:19 JST
  2. ^ 敗軍の将、兵を語る 西紘平氏(雪印乳業社長)--それでも雪印は復活する日経ビジネス (1138), 97-100, 2002-04-22
  3. ^ 「ロッテスノー社長に西紘平・雪印乳業前社長 」日本経済新聞04/01/19


先代:
石川哲郎
雪印乳業社長
第8代:2000年 - 2002年
次代:
高野瀬忠明
先代:
竹内良種
ロッテアイス(旧ロッテスノー)社長
第2代:2004年 - 2018年
次代:
ロッテと合併)