童子山公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
童子山公園
童子山公園 総合市民センター
童子山公園内 総合市民センター
分類 都市公園(総合公園)
所在地
座標 北緯34度59分19.9秒 東経134度58分17.4秒 / 北緯34.988861度 東経134.971500度 / 34.988861; 134.971500座標: 北緯34度59分19.9秒 東経134度58分17.4秒 / 北緯34.988861度 東経134.971500度 / 34.988861; 134.971500
面積 10.2ha
運営者 西脇市
駐車場 あり
公式サイト 西脇市のサイト
テンプレートを表示

童子山公園(どうじやまこうえん)は、兵庫県西脇市西脇にある都市公園(総合公園)である[1]

概要[編集]

西脇市内の童子山(標高96.7 m)にある公園。遊歩道・展望台・四阿(あずまや)・芝生広場・屋外ステージ・遊具(滑り台他)・バードケージ・人口池・公衆トイレなどが整備されている。展望台から西脇市街を一望できる。公園内には総合市民センター、郷土資料館などが併設されている。総合市民センター内にある「おまつり広場」では毎年8月に「へその西脇・織物まつり」が開催されている。施設入場料は全館無料、駐車場は100台収容可能。

1910年明治43年)から公園として整備され、一度荒廃したが1971年昭和46年)からの再整備により現在の形となった。

童子山180°展望

施設[編集]

1984年(昭和59年)から2016年平成28年)までは郷土資料館と同じ建物の1階に西脇市図書館が設置されていたが、Miraie(西脇市茜が丘複合施設)の開業に伴い同施設内へ移転している。

西脇市総合市民センター[編集]

部屋数15部屋、2,500人を収容可能(宿泊不可)。体育館・武道館・研修館を併設、館内に西脇市子育て学習センターがある。

  • 所在地: 〒677-0015 兵庫県西脇市西脇790番地15号
  • 営業時間: 9:00 - 21:00
  • 休館日: 月曜(祝日の際は翌日)、年末年始

西脇市郷土資料館[編集]

播州織の歴史、昔の農機具・日常雑貨を常設展示している他、定期的に各種特別展を開催している。年間入館者数12,000人。

  • 所在地: 〒677-0015 兵庫県西脇市西脇790番地14号
  • 営業時間: 10:00 - 18:00
  • 休館日: 月曜(祝日の際は翌日)、年末年始、祝祭日を除く毎月末日
  • ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

フーコーの振り子[編集]

フーコーの振り子

1981年に開催の神戸ポートアイランド博覧会の川鉄地球館で設置されたフーコーの振り子を移設したものである[2]。博覧会後に西脇市に寄贈され、童子山公園に設置された[2]。2011年4月24日に「西脇ふりこフェスティバル」が開催され7時間稼働した[2]。2019年9月現在、稼働せず[2]


交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西脇市の都市計画
  2. ^ a b c d 「日本一重いおもりの「フーコーの振り子」」『朝日新聞朝刊』、2011年4月22日、29面。

参考文献[編集]

  • 西脇市の公共施設一覧
  • 西脇市総合市民センターの旅行・観光:おでかけガイド
  • 西脇市史編纂委員会編『西脇市史 本篇』〔通史篇・播織篇〕 1983年6月20日(史學雜誌Vol.93 , No.6 (19840620) p.1116、財団法人史学会 ISSN 0018-2478