西船場ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北緯34度40分 東経135度29分座標: 北緯34度40分 東経135度29分

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:ジャンクション施設の画像提供をお願いします。2020年3月

西船場ジャンクション(にしせんばジャンクション)は、大阪府大阪市中央区西区にある阪神高速道路1号環状線の北行きと13号東大阪線および16号大阪港線へと分岐するジャンクションである。2009年5月以前は信濃橋分岐という名称だった。

連絡している路線[編集]

阪神高速道路
1号環状線湊町IC方面⇒1号環状線中之島分岐方面・13号東大阪線東大阪JCT方面・16号大阪港線天保山方面
13号東大阪線東大阪JCT方面⇒16号大阪港線天保山方面・1号環状線中之島分岐方面
16号大阪港線天保山方面⇒13号東大阪線東大阪JCT方面・1号環状線中之島分岐方面

[編集]

阪神高速1号環状線
(1-02)四ツ橋入口 - (1-03)信濃橋出口 - 西船場JCT - (1-03)信濃橋入口 - (1-04)土佐堀出口
阪神高速13号東大阪線
西船場JCT - 東船場JCT - (13-01)法円坂出入口
阪神高速16号大阪港線
西船場JCT - (16-01)阿波座出入口

信濃橋渡り線[編集]

当JCTでは、長らく神戸方面(3号神戸線5号湾岸線)および関西空港方面(4号湾岸線)と接続する16号大阪港線から1号環状線北行きに入ることができず、東船場JCTで1号環状線南行きに入り、1号環状線を半周しなければならなかった。

阪神高速道路株式会社は、2014年度完成を目指し同方向への接続線を建設する予定であると公表していたが[1]、隣接地にあった旧大阪銀行本店が干渉するため、接続線を建設することができなかった。その後、後身である近畿大阪銀行本町営業部が2004年に移転し、その跡地にオリックスの大阪本社ビルが公開空地を確保して建設されたこともあり、2011年11月9日付で信濃橋渡り線(仮称)の事業が許可され[2]2020年1月29日に開通した[3]

信濃橋渡り線からの合流が相当数見込まれることもあり、1号環状線は当JCT - 土佐堀出口間において1車線増設されて5車線となった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本経済新聞 2007年7月26日
  2. ^ ホーム > IR > 協定・事業許可の概要 > 事業許可整理 > 高速道路事業の事業許可 平成23年11月9日許可
  3. ^ 西船場ジャンクション信濃橋渡り線の開通について (PDF)”. 阪神高速道路株式会社 (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。

関連項目[編集]