西谷亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西谷 亮(にしたに あきら[1]NIN1967年[2]9月10日[3] - )は、日本ゲームクリエイター。『ファイナルファイト』・『ストリートファイターII』の生みの親。1995年より株式会社アリカ代表取締役社長

人物[編集]

アマチュア時代はゲームサークル「闘幻狂」に所属しており、高校生の頃から日本ソフトバンクのゲーム誌『Beep』でビデオゲームの攻略記事を執筆していた。

1986年春、岡本吉起からカプコンへの誘いの電話を受け即決、すぐに荷物をまとめて大阪へと向かった。『Beep』執筆当時のペンネームは「CPM闘幻狂 NIN」であったが、カプコン入社後もスタッフクレジットには変わらず「NIN」を用いていた。同じカプコン出身である竹中善則は高校時代のゲーマー仲間であり、西谷がライター業を始めたきっかけを作り、岡本に西谷を紹介しカプコン入社へ導いた人物でもある[4]

カプコンの船水紀孝は「西谷は天才」と評している[5]。また、『ファイナルファイト』『ストII』を共同で制作した安田朗は、インタビューで「その頃の西谷君はすごかった」「カプコンにおける神のような存在だった」と述懐している[6]

略歴[編集]

1986年カプコンに入社[5]

1995年11月、株式会社アームテック(現株式会社アリカ)を設立、代表取締役に就任。

作品[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.mics.city.shinagawa.tokyo.jp/indust/indust1616.html
  2. ^ http://www.arika.co.jp/company/company.html#top
  3. ^ https://twitter.com/nin_arika/status/377211746814935041
  4. ^ 『石井ぜんじを右に! 〜元「ゲーメスト」編集長コラム集〜』2015年1月31日、ホビージャパン、255頁。
  5. ^ a b 西谷亮×船水紀孝/ストリートファイターシリーズ - ウェイバックマシン(2012年6月21日アーカイブ分)
  6. ^ 太田出版CONTINUE』 Vol.13「春麗を描いた男」111頁、ISBN 4872338227、2003年。
  7. ^ http://www.geocities.jp/bgrtype/gsl/ps2/everblue/everblue.html