西貞三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にし ていさぶろう
西 貞三郎
生誕 1927年????
日本の旗 日本 和歌山県
出身校 関西大学経済学部
職業 実業家
テンプレートを表示

西 貞三郎(にし ていさぶろう、1927年 -2012年 6月30日)は、日本の実業家住友銀行副頭取[1]

来歴・人物[編集]

1946年和歌山県立和歌山商業学校卒業後に住友銀行入行し、1953年関西大学経済学部卒業。商業高校出身のノンキャリア組としては異例の出世を果たし、新宿支店長などを経て、住友銀行副頭取を歴任した。しかし、イトマン事件により1990年に副頭取を退任した[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西貞三郎元住友銀行副頭取死去で、イトマン事件を想う ビジネスジャーナル2019年8月1日閲覧
  2. ^ [https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50192 『住友銀行秘史』は、出世とは、組織とはなにかを学ぶ絶好の教科書だ ]2019年5月20日閲覧

参考文献[編集]

・日本経済新聞社編『ドキュメント イトマン・住銀事件』日本経済新聞社、1991年。