西遊馬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
西遊馬駅
にしあすま
Nishiasuma
高木 (0.9km)
(1.5km) 五味貝戸
所在地 埼玉県北足立郡馬宮村西遊馬
(現・さいたま市西区西遊馬)
所属事業者 西武鉄道
所属路線 大宮線
キロ程 7.3km(川越久保町駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1906年明治39年)4月16日
廃止年月日 1941年昭和16年)2月25日
テンプレートを表示

西遊馬駅(にしあすまえき)は、埼玉県さいたま市西区西遊馬(当時は北足立郡馬宮村西遊馬)に存在した川越電気鉄道(その後西武鉄道大宮線)の電停

概要[編集]

高木電停から直進し、県道に合流して川越線を越えた先、指扇駅の南西にあった。「指扇駅入口」交差点よりやや川越線のガード寄りに戻った場所に当たる。なお、当初は字により「合土」の名で開業した。

なお当電停のある場所は指扇駅の入口であるが、「指扇」の地名はもっと東に位置しており、位置の観点からは当電停の方が名称として正確である。

当駅は、秋葉神社への最寄り駅で関東一円から参拝にくる乗降客が多かった。とりわけ4月18日と12月18日におこなわれる例大祭の際には臨時の切符販売所が開設されるほどであった。 また、駅周辺はタバコ屋、煎餅屋、鍛冶屋などの店舗があり、賑わった雰囲気だった。鍛冶屋に独楽の芯を入れてもらうために大宮から子供たちがわざわざ電車に乗って訪れるほどであった[1]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西武鉄道
大宮線
高木駅 - 西遊馬駅 - 五味貝戸駅

廃線後の状況[編集]

道路そのものが旧国道16号で拡張を受けており、電停の痕跡は残されていない。この先、大成電停までこの状態が続く。

脚注[編集]

  1. ^ (株)秀飯舎 印刷「ふるさと指扇」大宮市指扇公民館発行1988年、106頁

参考文献[編集]

  • 建設省編『埼玉県・西武鉄道』(建設省公文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道(元川越電気、武蔵水電)』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道(元武蔵鉄道)2』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道別全』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道3』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道』(鉄道省文書)

関連項目[編集]