西部方面後方支援隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
西部方面後方支援隊
創設 2003年平成15年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 武器科需品科輸送科
兵種/任務/特性 後方支援
所在地 佐賀県 神埼郡吉野ヶ里町
編成地 目達原
上級単位 西部方面隊
担当地域 九州南西諸島
テンプレートを表示

西部方面後方支援隊(せいぶほうめんこうほうしえんたい、JGSDF Western Army Logistic Support Troop)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町目達原駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊西部方面隊隷下の後方支援部隊である。

概要[編集]

西部方面隊直轄部隊の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。

平成14年度末に後方支援部隊を編合し、新編。また、隊本部のある目達原駐屯地には九州補給処本処も駐屯している。

沿革[編集]

  1. 第304普通科直接支援中隊を第4後方支援連隊第2整備大隊第2普通科直接支援中隊を母体に新編。
  2. 西部方面対舟艇対戦車隊新編に伴い、第302対舟艇対戦車直接支援隊を新編。
  1. 第301普通科直接支援隊を廃止(被支援部隊(西部方面普通科連隊)の水陸機動団第1水陸機動連隊改編のため)。
  2. 第101特科直接支援隊第1特科直接支援小隊を廃止(被支援部隊(西部方面特科隊第112特科大隊)の水陸機動団特科大隊改編のため)。
  3. 第308普通科直接支援中隊を新編し編合(第8後方支援連隊第2整備大隊第2普通科直接支援中隊(被支援部隊第8師団第24普通科連隊)を廃止)。
  4. 第301戦車直接支援中隊を新編し編合(第4後方支援連隊第2整備大隊戦車直接支援中隊・第8後方支援連隊第2整備大隊戦車直接支援中隊を廃止)。
  5. 第304特科直接支援中隊を新編し編合(第8後方支援連隊第2整備大隊特科直接支援中隊を廃止)。
  6. 第101弾薬大隊をコア部隊として新編[3]
  7. 西部方面輸送隊隷下第103輸送業務隊を廃止(陸上自衛隊中央輸送隊隷下の第5方面分遣隊に改組)。
  8. 西部方面混成団隷下の竹松車両教育隊を西部方面輸送隊隷下に編合。
  • 2019年(平成31年)3月26日:部隊改編。
  1. 第105補給大隊をコア部隊として新編[4][5]
  2. 第103弾薬大隊をコア部隊として新編[4][5]
  3. 第304特科直接支援中隊を第101特科直接支援隊隷下に編合し第1直接支援中隊に改編(西部方面特科隊改編への対応)。
  4. 第4後方支援連隊第2整備大隊特科直接支援中隊を廃止し第101特科直接支援隊第1直接支援中隊第4直接支援小隊に改編(被支援部隊(第4特科連隊)の廃止のため)。
  5. 第101特科直接支援隊隷下の直接支援中隊を第2直接支援中隊に改編(西部方面特科隊改編への対応)。
  6. 第101特科直接支援隊第3直接支援小隊を瀬戸内分屯地で新編。
  7. 第301戦車直接支援中隊の一部と第4後方支援連隊第2整備大隊偵察直接支援小隊とを編合し、第4後方支援連隊第2整備大隊偵察戦闘直接支援隊を新編。
  8. 第102高射直接支援大隊第1直接支援中隊第1直接支援小隊が奄美駐屯地に移駐[6]
  • 2020年(令和02年)3月26日:第102高射直接支援大隊第2直接支援中隊主力が宮古島駐屯地へ移駐、第101特科直接支援隊第2直接支援中隊の派遣隊を宮古島駐屯地に新編。

部隊編成[編集]

特筆ない場合、目達原駐屯地駐屯。

  • 西部方面後方支援隊本部
  • 本部付隊「西方後支-本」
    • 通信小隊
    • 投下支援小隊準備隊
  • 第106全般支援大隊
    • 第106全般支援大隊本部
    • 本部付隊「106全支-本」
    • 補給中隊「106全支-補」
    • 整備中隊「106全支-整」
  • 第105補給大隊(コア部隊
    • 第105補給大隊本部
    • 本部付隊「105補-本」
    • 第1補給中隊「105補-1」
    • 第2補給中隊「105補-2」
  • 第101弾薬大隊(コア部隊大分分屯地
    • 第101弾薬大隊本部
    • 本部付隊「101弾-本」
    • 第1弾薬中隊「101弾-1」
    • 第2弾薬中隊「101弾-2」
  • 第103弾薬大隊(コア部隊
    • 第103弾薬大隊本部
    • 本部付隊「102弾-本」
    • 第1弾薬中隊「102弾-1」
    • 第2弾薬中隊「102弾-2」
  • 第102高射直接支援大隊(飯塚駐屯地:第2高射特科団を支援)
    • 第102高射直接支援大隊本部
    • 本部付隊「102髙直支-本」
    • 整備隊「102髙直支-整」
    • 第1直接支援中隊「102髙直支-1」(第3高射特科群を支援)
      • 中隊本部
      • 整備小隊
      • 第1直接支援小隊(奄美駐屯地:第344高射中隊を支援)
    • 第2直接支援中隊「102髙直支-2」(宮古島駐屯地:第7高射特科群を支援)
      • 中隊本部
      • 整備小隊
      • 第1直接支援小隊(竹松駐屯地:第327高射中隊を支援)
      • 第2直接支援小隊(竹松駐屯地:第328高射中隊を支援)
      • 第3直接支援小隊(第346高射中隊を支援)

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
西部方面後方支援隊長 1等陸佐 柳田常泰 2019年12月01日 情報本部勤務
副隊長 1等陸佐 棈松尚俊 2020年03月16日 陸上幕僚監部装備計画部
武器・化学課化学室長
歴代の西部方面後方支援隊長(1等陸佐(一))
氏名 在職期間 職種 出身校・期 前職 後職
01 河野廣行 2003年03月27日 - 2004年07月31日 武器科 防大18期 西部方面武器隊長 契約本部契約管理第2課長
02 太田良俊 2004年08月01日 - 2006年12月05日 会計科 防大20期 陸上幕僚監部監理部会計課長 陸上自衛隊九州補給処副処長
03 上水俊哉 2006年12月06日 - 2008年11月30日 通信科 防大22期 陸上自衛隊通信学校第1教育部長 陸上自衛隊九州補給処副処長
04 大坪義彦 2008年12月01日 - 2011年04月18日 施設科 防大23期 防衛大学校防衛学教育学群
統率・戦史教育室長
兼 防衛大学校教授
陸上自衛隊幹部候補生学校副校長
兼 企画室長
05 辻勝文 2011年04月19日 - 2013年08月01日 通信科 防大24期 陸上自衛隊通信学校副校長
兼 企画室長
退職(陸将補昇任)
06 藤井祥一 2013年08月01日 - 2015年03月29日 通信科 防大30期 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官 陸上自衛隊九州補給処副処長
07 石丸威司 2015年03月30日 - 2017年08月07日 施設科 防大31期 陸上幕僚監部装備部施設課長 自衛隊愛知地方協力本部
08 佐々木龍太郎 2017年08月08日 - 2019年11月30日 通信科  防大33期 中部方面後方支援隊副隊長 陸上自衛隊九州補給処副処長
09 柳田常泰 2019年12月01日 - 情報本部勤務

主要装備[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 西部方面後方支援隊”. 陸上自衛隊 目達原駐屯地. 2018年3月28日閲覧。
  2. ^ “目達原駐屯地に新たに2部隊 弾薬大隊と直接支援中隊”. 佐賀新聞Live. 佐賀新聞社. (2018年3月28日). オリジナルの2018年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180328074448/http://www.saga-s.co.jp/articles/-/198015 
  3. ^ 平成29年度歳出概算要求書(一般会計) p.230- 防衛省
  4. ^ a b 平成30年度歳出概算要求書 p.233- 防衛省
  5. ^ a b めたばる新聞 第72号 (PDF)”. 陸上自衛隊目達原駐屯地. 2018年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月26日閲覧。
  6. ^ 飯塚駐屯地歴史”. 2020年3月17日閲覧。

関連項目[編集]