西都インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
西都インターチェンジ
Saito IC Toll Plaza 2013.JPG
料金所(2013年6月)
所属路線 E10 東九州自動車道
IC番号 28
料金所番号 02-878
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0219.svg 西都
起点からの距離 286.9 km(北九州JCT起点)
高鍋IC (12.1 km)
(11.6 km) 国富SIC
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
宮崎県道321号標識
宮崎県道321号西都インター線[注釈 1]
供用開始日 2001年3月31日
通行台数 2,449台/日(2007年度)
所在地 889-1406
宮崎県児湯郡新富町大字新田字土橋12192番地
テンプレートを表示

西都インターチェンジ(さいとインターチェンジ)は、宮崎県西都市と宮崎県児湯郡新富町の境界に位置する東九州自動車道インターチェンジである。料金所は児湯郡新富町大字新田に位置する。

歴史[編集]

周辺[編集]

わき見注意の看板(西都市・新富町境)

当ICから高鍋ICの区間上空をちょうど離着陸する自衛隊機が至近距離で通過する。そのため、自衛隊機を描いた独自の「わき見注意」の看板が設置されている[6]

接続する道路[編集]

西都ICと春田バイパスの間は県道321号西都インター線で結ばれている。西都インター線は構造的に西都ICとほぼ一体化している。

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

ランプ改良工事[編集]

開通当初、西都IC料金所への入口・出口ランプは本線が大きく右カーブをして料金所に直結する、本線料金所風の構造をとっていた[7]。2009年の東九州道改良工事等に併せて西都ICランプの改造工事が行われ、現在のランプ構造への改築が行われた[8]。開通当時のランプは入口ランプがそのまま現在のCランプ(下り入口ランプ)に転用されているほか、Cランプの外側に出口ランプの遺構が残されている。

バス停留所[編集]

西都バスストップ(さいとバスストップ)がICに併設されているが、停車していた別府・大分 - 宮崎間の「パシフィックライナー」および宮崎 - 延岡間の「ひむか号」が2021年3月31日限りで休廃止されたため、現在は停車する路線はない。

[編集]

E10 東九州自動車道
(27) 高鍋IC - 新富SIC(事業中) - (28) 西都IC - 国富BS - (28-1) 国富SIC - 宮崎BS - (29) 宮崎西IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現地には県道の存在を示す標識がない。国道219号春田バイパス)に間接接続。

出典[編集]

  1. ^ a b 九州支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2017年4月19日閲覧。
  2. ^ 国土交通省告示第千二百二十四号 (PDF) - 国土交通省 平成十八年十月十八日
  3. ^ 東九州自動車道西都IC - 宮崎西ICで通行止めを伴う道路改良工事を実施します 西日本高速道路、2009年8月17日
  4. ^ 東九州自動車道(高鍋IC~西都IC)が平成22年7月17日に開通します”. 西日本高速道路 (2010年6月15日). 2017年4月19日閲覧。
  5. ^ ひむか(延岡〜宮崎)/高速バス - 宮崎交通ホームページ
  6. ^ わき見防止の標識 - 宮崎日日新聞社
  7. ^ PC上部工、ダム、トンネル”. 松尾建設. 2019年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。
  8. ^ 沿線地域の生活向上と活性化に貢献する 東九州自動車道(建設グラフ2007年1月号)”. 自治タイムス. 2019年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]