西飯由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西飯 由香 Table tennis pictogram.svg
基本情報よみがな にしい ゆかラテン語表記 NISHII Yuka現姓名 真田 由香生年月日 (1975-08-09) 1975年8月9日(43歳)国籍 日本の旗 日本出身地 三重県血縁者 西飯徳康小林美幸選手情報世界ランキング 最高51位(2001年11月)段級位 6段利き腕グリップ ペンホルダーフォア面ラバー 表ソフト戦型 前陣速攻型ITTFサイト ITTFプロフィール経歴学歴 愛知工業大学世界卓球選手権戦歴出場大会数 4初-最終出場 1993 - 2001国内戦歴
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
世界卓球選手権
2001 大阪 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

西飯 由香(にしい ゆか、1975年8月9日 - )は、三重県出身の卓球選手。現姓真田。三重県立白子高校愛知工業大学から健勝苑、十六銀行(岐阜)を経て21クラブに所属。6段(京都府)[1]。姉は卓球選手の小林美幸(ファミタク)。全日本卓球選手権・女子ダブルスでは姉妹ペアで1998年・1999年・2000年の3連覇を達成している。実父は1971年の世界卓球選手権の代表にもなったサウスポーの西飯徳康(三重高田高等学校名古屋商科大学卒)、実母は1971年世界卓球選手権・女子ダブルス3位の西飯幸子(東北学院大学卒)。夫は真田浩二(愛知工業大学卒)。

経歴[編集]

小学校入学前から三重県の21クラブで競技を始め、数々の全国大会に出場する。練習嫌いだった彼女は両親から厳しい指導を受けて、1990年、全国中学校卓球大会女子シングルスで優勝した[2]。白子高校2年生だった1992年の全日本選手権ジュニアの部で優勝。愛知工業大学だった95年、1996年には鬼頭明との混合ダブルスで全日本卓球選手権に優勝した。1998年のジャパントップ12卓球大会では小山ちれに次いで2位となっている。

1999年末から手首に腫瘍のできる「月状骨類骨腫」という病気のため一時期はラケットが持てないほどの痛みに苦しめられたが、手術を乗り越え2000年12月の全日本卓球選手権では女子シングルスでベスト4、女子ダブルスで優勝と復活を果たす[3]。2000年にはドイツの卓球ブンデスリーガでもプレーしている。

2000年の世界選手権クアラルンプール大会のメンバーになったが試合出場はなかった。2001年の世界選手権大阪大会に出場。大阪大会ではリザーブであった女子団体で、予選リーグ・ロシア戦に0-2とリードされ後がない状況の3番手で出場。地元開催で格下相手に負けられない中で見事勝利し、この試合で日本は逆転勝利を収めている[4]

2005年1月の全日本卓球選手権では女子シングルスでベスト4に入った[5]

平成18年度(2006年)にもナショナルチーム候補に選出されている[6]

TOKIOが出演していた番組Sports Party ただいま夢中!の第1回放送でコーチ役として出演したことがある。その回では、TOKIOとビートたけし福原愛と対決するために、西飯は必殺サーブなどを伝授した。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 段位取得者 東海・近畿”. 日本卓球協会. 2011年5月15日閲覧。
  2. ^ 卓球姉妹、全日本選手権ダブルスでV2 鈴鹿の西飯さん 朝日新聞三重版 2000年1月12日朝刊22ページ
  3. ^ 平成12年度全日本卓球選手権大会結果データベース”. 日本卓球協会. 2011年5月16日閲覧。
  4. ^ 西飯自身はこれが唯一の団体戦出場となった
  5. ^ 平成16年度全日本卓球選手権大会結果データベース”. 日本卓球協会 (2006年1月). 2011年5月16日閲覧。
  6. ^ 高橋美貴江選手がNT、西飯由香選手がNT候補入り。”. 十六銀行 (2006年). 2011年5月16日閲覧。