西飯美幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西飯美幸 Table tennis pictogram.svg
基本情報生年月日 1973年9月26日選手情報利き腕グリップ シェークハンドフォア面ラバー 表ソフトバック面ラバー 裏ソフト戦型 異質速攻型■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

西飯 美幸(にしい みゆき、1973年9月26日 - )は、三重県出身の卓球選手。現姓小林。三重県立白子高等学校愛知工業大学から健勝苑、ファミタク(東京)を経て2010年4月よりルネサスSKY(旧NEC九州)に所属。2011年に退社。妹は卓球選手の西飯由香(21クラブ)。全日本卓球選手権・女子ダブルスでは姉妹ペアで1998年・1999年・2000年の3連覇を達成している。実父は1971年の世界卓球選手権の代表にもなったサウスポーの西飯徳康(三重高田高等学校名古屋商科大学卒)、実母は1971年世界卓球選手権・女子ダブルス3位の西飯幸子(東北学院大学卒)。夫は専修大学男子卓球部元監督の小林仁(専修大学卒)。

2000年3月に行われた東京選手権大会の試合中に右足アキレス腱を断裂。約1ヶ月半の入院生活を送り、その後も苦しいリハビリの日々が続いたが、同じく故障を抱えていた妹・由香とともに励ましあい同年12月の全日本卓球選手権では再び女子ダブルスで優勝と「完全復活」を果たす。

主な戦績[編集]