見守りセンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

見守りセンサー(みまもりセンサー)、または安否確認センサー(あんぴかくにんセンサー)とは、サーモグラフィー超音波、音センサー、モーションディテクタ等を使用して拍動呼吸を検出することにより、新生児や高齢者を見守るためのセンサーである[1][2]

それぞれ特有の信号処理アルゴリズムによって検出する。近年、各社で開発が進められている。

プライバシーに配慮しつつ、使用するために複数の方式があり、それぞれ、一長一短があるため、相補的に使用するために、複合的に使用される場合もある。

関連特許[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]