見知らぬ恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
見知らぬ恋人
ジャンル テレビドラマ
脚本 布勢博一、逢坂勉、馬場当
演出 小田切成明、大黒章弘、藤田明二
出演者 小川真由美愛川欽也津川雅彦 ほか
オープニング 来生たかお「あなただけGood Night」
製作
プロデューサー 中山和記、杉本宏
制作 朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年10月5日1980年3月7日
放送時間 金曜日21:00〜21:54
放送枠 朝日放送・テレビ朝日金曜9時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 23

見知らぬ恋人』(みしらぬこいびと)は、1979年昭和54年)10月5日から1980年(昭和55年)3月7日まで朝日放送(制作)・テレビ朝日系で放映されたテレビドラマ。全23話。

概要[編集]

普通に結婚し、平凡に主婦として暮らしていた牧村礼奈はある日、夫・浩に蒸発され、一人で生きて行かざるを得なくなり、ピアニスト作曲の活動に勤しむようになる。浩も後にうどん店を開業するなど自立していく。ある日、礼奈の家に音楽大学時代の先輩でバーのピアノ弾きをしている島本が転がり込み、同居人となる。島本も妻に逃げられた男であった。そんな礼奈の姿を中心にして描いた都会調コメディー[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作:山内久司(朝日放送)
  • プロデューサー:中山和記(テレパック)、杉本宏(朝日放送)
  • 脚本:布勢博一、逢坂勉、馬場当
  • 演出:小田切成明、大黒章弘、藤田明二
  • 演出補:宮崎徹
  • 制作主任:杉村治司
  • 音楽:吉村浩二
  • 音響効果:塚田益章
  • 撮影技術:藤原雄三
  • カメラ:平川守利
  • 照明:伊藤正雄
  • VE:高瀬尚一
  • VTR:飯野隆司
  • 音声:渋谷公輝
  • 美術:伊東清
  • 装飾:水島秀夫
  • 装置:武田寛
  • 衣裳:花房孝治
  • 持道具:福井正行
  • 化粧:佐藤愛子
  • 制作協力:生田スタジオ
  • 制作:テレパック、朝日放送

主題歌[編集]

来生たかお「あなただけGood Night」(作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお、編曲:松井忠重

放映リスト[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 ゲスト
第1話 1979年10月5日 君去りし後 布勢博一、逢坂勉 小田切成明
第2話 1979年10月12日 また逢う日まで 馬場当 紀比呂子
第3話 1979年10月19日 霧の夜の出来事 逢坂勉 大黒章弘
第4話 1979年10月26日 悲しい現実 馬場当 藤田明二
第5話 1979年11月2日 雨のち雨…のち雨 逢坂勉 大黒章弘
第6話 1979年11月9日 ひとりぼっちの夜 馬場当 藤田明二
第7話 1979年11月16日 男と女…と男 逢坂勉 大黒章弘
第8話 1979年11月23日 グッバイ礼奈! 馬場当 藤田美保子
第9話 1979年11月30日 泣けた…泣けた… 逢坂勉 藤田明二 寺田農
第10話 1979年12月7日 コロッケ・我が愛 流山(歌手):藤木敬士
第11話 1979年12月14日 愛の冒険者たち 馬場当 大黒章弘 大野あきひろ:財津一郎
第12話 1979年12月21日 ある日突然に… 逢坂勉 古山:柳生博
第13話 1979年12月28日 歳末の金の玉 馬場当 藤田明二 京太:赤塚真人赤木春恵小野武彦
第14話 1980年1月4日 雪が降る街夫が帰る 逢坂勉
第15話 1980年1月11日 熱いオニギリ熱き思い 大黒章弘 仁木:江見俊太郎、小石:暮林修
第16話 1980年1月18日 亭主の実印・うどん丸 馬場当
第17話 1980年1月25日 衝撃の再会 藤田明二
第18話 1980年2月1日 さよならを言う前に 逢坂勉 木ノ葉のこ
第19話 1980年2月8日 夫が帰る、お宿はどこだ!? 大黒章弘 中条きよし
第20話 1980年2月15日 愛を失くした女は翔ぶ 馬場当
第21話 1980年2月22日 別れ、涙は見せたくないわ 藤田明二
第22話 1980年2月29日 明日に向って翔べ! 逢坂勉 圭子(元歌手):吉田日出子

西崎(歌手):田島真吾

最終話 1980年3月4日 見知らぬ恋人は何処に? 大黒章弘 西崎:田島真吾、

淀川(南部コンツェルン社長):仲谷昇

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1979年10月5日 朝日新聞テレビ欄の本番組紹介記事より。
朝日放送テレビ朝日 金曜日21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
見知らぬ恋人