覚運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

覚運(かくうん、天暦7年(953年)- 寛弘4年10月30日1007年12月12日))は、平安時代中期の天台宗。父は春宮少進藤原貞雅。

比叡山良源に師事して天台教学を学んでその学名が高く、東塔檀那院に住して盛んに講説を行った。良源の勧告により静真・皇慶から真言密教を学んだ。宮廷貴族に取り入り、藤原道長摩訶止観等を講じ、一条天皇には法華疏を進講したほか、道長家に関係する様々な仏事に関与した。この間1003年長保5年)権少僧都に任じられ、その後権大僧都となった。1007年(寛弘4年)に没したが、その後権僧正が追贈された。後世源信を祖とする恵心流とともに覚運は檀那流の祖とされた。