覚運 (大石良雄の養子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

覚運(かくうん、元禄元年(1688年) - 宝永2年4月11日1705年5月3日)もしくは宝暦9年(1759年1月8日)は、江戸時代中期の僧。『忠臣蔵』で知られる大石良雄の養子。

赤穂藩足軽頭小山良師の末子であるが、家老大石良雄の養子に入っている。小山良師は大石良雄の叔父にあたるので、分家から本家に養子に入った形になるが、大石家にはすでに大石良金が生まれていた。したがって家督を継がせるための養子縁組としては特に必要性のないものであるが、おそらく覚運の出自を良くする権威付けのため小山から頼まれて内蔵助が受けたものではないかと思われる。

いずれにせよ出家の上、八幡山大西坊に入山しており、大石良雄の実弟専貞の弟子となった(神仏習合時代の石清水八幡宮の周りには多くの宿坊があり、その中の一つの大西坊の住職が専貞であった)。

没年については従来よくわかっておらず、宝永2年と宝暦9年二つの説があったが、2013年春に善法律寺境内にて覚運の墓塔が発見され、没年が明確になった。このことから宝暦9年説が有力となっている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 覚運「73歳没」有力に 内蔵助の養子 墓塔見つかる 京都・八幡”. 産経新聞 (2013年11月29日). 2014年2月28日閲覧。