親の目・子の目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

親の目・子の目』(おやのめ・このめ)は、テレビ朝日など民間放送32局(当時)加盟の民間放送教育協会(民教協)が製作するテレビドキュメント番組で、1970年7月から8月までと、1971年4月9日から2004年3月11日にかけて放送された。

概要[編集]

毎回民教協加盟の各放送局が持ち回りで製作を担当し、学校や家庭の教育現場、あるいは地域のコミュニティ活動においての親と子のふれあいなどをリポートしたドキュメンタリー番組。時折、教育関係者や教師、親、児童をスタジオに招き、教育についての討論を放送したこともある。例として、第818回「鶴瓶かあさんなら…」(1987年放送、毎日放送製作)では、笑福亭鶴瓶の司会で中学生とその母親20人をスタジオに招き、鶴瓶が母親役となり親子の食卓での会話のコントを取り入れるなど、親子の問題を笑いの中で話し合う内容とした[1]

この番組は1970年夏休み番組として放送されたのが最初で(第1回放送はRKB毎日放送製作の「魔の場所・魔の時間」[2])、新しい家庭教育番組を模索していた文部省(現・文部科学省)と民教協の考えが一致し、1971年4月からレギュラー番組となった[3]

ネット局(加盟局)は、原則として全てアナログ放送親局VHF局である。ごく一部の事例を除き、新局開局等によるネット局変更は行われなかった。ドキュメントの前と後には、カウキャッチャーヒッチハイクと呼ばれる大鵬薬品エバラ食品ヤマト運輸チロルチョコなどの、コマーシャルが数本放送されていたが、本編ではコマーシャルを一切挿入していなかった。

番組は2004年3月11日の放送で終了し、代わって『いきいき!夢キラリ』が始まった。

ネット局[編集]

番組終了時のネット局[編集]

途中で打ち切った局[編集]

番販での再放送局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、176頁。 
  2. ^ 民間放送教育協会(編) 『民教協20年の歩み:テレビで結ぶみんなの輪』、1987年、116頁。 
  3. ^ 民間放送教育協会(編) 『民教協20年の歩み:テレビで結ぶみんなの輪』、1987年、34頁。