親密さ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

親密さ』(しんみつさ、原題:Intimacy)は、アメリカ小説家レイモンド・カーヴァー短編小説

概要[編集]

エスクァイア』1986年8月号に掲載された。1988年5月刊行の精選作品集『Where I'm Calling From: New and Selected Stories』(アトランティック・マンスリー・プレス)と1988年8月4日刊行の短編集『Elephant and Other Stories』(コリンズ・ハーヴィル社)に収録された。

日本語版は『THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER 6 象/滝への新しい小径』(中央公論社、1994年3月7日)が初出。翻訳は村上春樹。全集第6巻はその後、「村上春樹翻訳ライブラリー」シリーズで『』(中央公論新社、2008年1月10日)と『滝への新しい小径』(同社、2009年1月10日)の2冊に分かれて出版された。

村上は上記『象/滝への新しい小径』(中央公論社)の解題で以下のように述べている。

「もちろん私小説ではないから、実際にあった話ではないだろうが、レイ・カーヴァーの私生活を知る人なら、書かれた内容があまりにもリアルで克明に現実に即しているので、言葉を失って深く考え込むことになる。最初に『エスクァイア』でこの作品を読んだとき、いったいレイモンド・カーヴァーに何が起こっているんだろうと僕は真剣に心配した」[1]

あらすじ[編集]

仕事の用事で西部に旅行することになった「私」は、別れた妻が住んでいる町に立ち寄る。別れた妻とは4年も会っていなかったが、「私」は自分の書いたものが活字になったり、あるいはインタビュー記事などが雑誌などに出たりすると、そのたびに彼女のところに送っていた。

彼女は驚いた様子もなく「私」を家に入れてくれる。

彼女は言う。あなたが昔のことを語るときに、苦しい時代、悪い時代のことを忘れてくれないかしら。楽しい時代だってあったでしょうよ? あんなことばかり書いてほしくないのよ。あの手の話はもううんざり。世間があなたについて言っていることを、自分ではまさか信じてなんかいないわよね。

彼女は言う。あなた、私にいったい何を求めているの。血が欲しいの? 私の血がもっと欲しいの? これまでにもう十分持っていったと思うんだけどね。

脚注[編集]

  1. ^ 『THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER 6 象/滝への新しい小径』中央公論社、1994年3月7日、473頁。