親巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

親巌(しんごん、仁平元年(1151年)- 嘉禎2年11月2日1236年12月1日))は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての真言宗の僧。俗姓は中原氏京都の出身。随心院大僧正とも称される。

尊念に師事して密教を学び、法住寺の顕厳から灌頂を受けた。東寺長者・随心院初代門跡を経て、1235年嘉承元年)東大寺別当に就任した。祈雨法や宮中における安産祈願の祈祷をたびたび行っている。