親鸞賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

親鸞賞(しんらんしょう)は、親鸞を記念した一般財団法人本願寺文化興隆財団(理事長・大谷暢順)主催の文学賞である。対象は優秀な文学である。ジャンルは限定しない。2000年に設立された。受賞者は1年置きに偶数年の10月に発表され、授賞式は12月に東本願寺東山浄苑[1]で行われる。賞金は200万円。

選考委員[編集]

2018年現在
過去

受賞者[編集]

受賞者 受賞作 分類
1 2000 辻井喬 沈める城 小説
2 2002 水上勉 虚竹の笛 小説
3 2004 池澤夏樹 静かな大地 小説
4 2006 高村薫 新リア王 小説
5 2008 立松和平 道元禅師 小説
6 2010 宮尾登美子 小説
7 2012 稲葉真弓 半島へ 小説
8 2014 木内昇
和田竜
櫛挽道守
村上海賊の娘
小説
小説
9 2016 澤田瞳子 若冲 小説
10 2018 諸田玲子 今ひとたびの、和泉式部 小説

関連項目[編集]