観興寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
観興寺
Kanko-ji (Takamatsu).JPG
所在地 香川県高松市室町字室1963番地1
位置 北緯34度19分36秒
東経134度2分28秒
座標: 北緯34度19分36秒 東経134度2分28秒
宗派 真言宗御室派
本尊 不動明王
文化財 阿弥陀如来立像
地図
観興寺の位置(高松市中心部内)
観興寺
観興寺
高松駅
高松駅
栗林公園
栗林公園
栗林公園駅
栗林公園駅
高松市における位置
法人番号 1470005000105
テンプレートを表示

観興寺(かんこうじ)は、香川県高松市にある真言宗御室派寺院。本尊は不動明王

歴史[編集]

地域の伝説によれば、昔仏像を背負ってこの近辺まで来た伊予国の河野という人が仏像に重さを感じ、ここへ捨てようとしたところ、仏像が「ホウデン、ホウデン」と言ったため、そのまま仏像をこの地に祀った。この伝説を基とした「宝殿」という地名が付近に残っている。

2010年、所蔵の阿弥陀如来立像が高松市の有形文化財に指定される[1][2]

文化財[編集]

高松市指定有形文化財
  • 木造阿弥陀如来立像
平安時代末期の12世紀の作で、高さ99.2cm・肩幅25.4cm。平安末期に流行した定朝様の特徴を色濃く残している。2010年指定。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “阿弥陀如来立像、高松市文化財に/観興寺所蔵”. 四国新聞. (2010年2月11日). オリジナル2010年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100212233334/http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/article.aspx?id=20100211000098 2011年5月20日閲覧。 
  2. ^ 木造阿弥陀如来立像 - 高松市創造都市推進局文化財課