角田猛之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

角田 猛之(つのだ たけし)は、日本法学者関西大学法学部教授。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1977年 - 大阪大学法学部法律学科卒業
  • 1979年 - 大阪大学大学院法学研究科修士課程(基礎法学)修了
  • 1982年 - 大阪大学大学院法学研究科博士課程(公法学)単位取得満期退学
  • 2011年 - 博士(法学) (関西大学)(学位論文「戦後日本の<法文化の探求>―法文化学構築にむけて―」)

職歴[編集]

  • 1982年 - 大阪大学法学部助手
  • 1983年 - 中京大学法学部専任講師
  • 1986年 - 中京大学法学部助教授
  • 1991年 - 中京大学法学部教授
  • 1992年 - 大阪府立大学総合科学部助教授
  • 1999年 - スコットランド法協会よりステア・ ソサエティとして認定
  • 2001年 - 大阪府立大学総合科学部教授
  • 2005年 - 大阪府立大学人間社会学部人間科学科教授
  • 2007年 - 関西大学法学部教授

恩師[編集]

指導教官は矢崎光圀[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『法文化の諸相―スコットランドと日本の法文化』(晃洋書房、1997年)
  • 『法文化の探求―法文化比較にむけて』(補訂版 法律文化社、2001年)
  • 『法の世界―PHILOSOPHY・SOCIETY・CULTURE 』(晃洋書房、2008年)
  • 『中国の人権と市場経済をめぐる諸問題 (アジアにおける経済・法・文化の展開と交流 2)』(関西大学出版部、2010年)
  • 『戦後日本の「法文化の探求」―法文化学構築にむけて』(関西大学出版部、2010年)

共著[編集]

  • 竹下賢・平野敏彦)『トピック法思想―羅針盤としての歴史』(法律文化社、2000年)
  • (竹下賢)『マルチ・リーガル・カルチャー―法文化へのアプローチ』(改訂版 晃洋書房、2002年)
  • (石田慎一郎)『グローバル世界の法文化―法学・人類学からのアプローチ』(福村出版、2009年)

共編著[編集]

  • (竹下賢)『恒藤恭の学問風景―その法思想の全体像』(法律文化社、1999年)
  • 長谷川晃)『ブリッジブック法哲学』(信山社出版、2004年)
  • (竹下賢・竹村和也・沼口智則)『入門法学―現代社会に生きる法・活かす人権』(第3版 晃洋書房、2009年)
  • (竹下賢・市原靖久・桜井徹)『はじめて学ぶ法哲学・法思想―古典で読み解く21のトピック』(ミネルヴァ書房、2010年)

訳書[編集]

脚注[編集]