角田裕秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つのだ ひろあき
角田 裕秋
別名義 ライフスタイル角田
生年月日 (1984-11-15) 1984年11月15日(33歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県
職業 映画監督脚本家
所属劇団 にがウーロン
事務所 サンディ
主な作品
映画
TERROR OF HOUSE

角田 裕秋(つのだ ひろあき、1984年11月15日 - )は、日本映画監督脚本家漫画家。映像制作会社・サンディ所属。千葉県松戸市出身。漫画家としては、ライフスタイル角田(らいふすたいるつのだ)名義で、活動している。

来歴・人物[編集]

武蔵野美術大学卒業。 中学生の時、父親がレンタルビデオで借りてきた『X-ファイル』シリーズを観たことにより、映像の道を志す。
武蔵野美術大学在学中に結成した、クリエーター集団「にがウーロン」のメンバーとして活動。 メンバーである、シーズン野田との共同監督作品『青海二丁目先』にて、ドイツ映画祭である、ニッポンコネクションに招待、2007年ぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞[1]。同時期に撮影された『蝉顔』は翌2008年のぴあフィルムフェスティバルで観客賞受賞する[2]。 2009年には、シーズン野田と共同執筆した初ホラー作品『三角の白いあれ』で、サンダンス・NHK国際映像作家賞のファイナリストに選出[3]。 2015年、長編映画デビュー作品となる『TERROR OF HOUSE』が公開された。巨根である。

主な作品[編集]

映画[編集]

  • 青海二丁目先 - 監督(2007年、シーズン野田との共作)
  • 蝉顔 - 監督(2008年、シーズン野田との共作)
  • 三角の白いあれ - 脚本(2009年、シーズン野田との共作)
  • TERROR OF HOUSE - 監督(2015年)[4][5][6][7]

MV[編集]

  • センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンド『Seaside Suicide』 - 監督・撮影・編集(2016年)
  • みつあみハーデス『ふりむいてオルフェウス』 - 監督(2017年)[注釈 1]
  • 馬喰町バンド『いってみよう』 - 撮影助手(2017年)

プロモーションムービー[編集]

  • GU GU CHANNEL「GU×まこみな まこみながGUをジャック!」- 監督・編集
  • 鳥取県琴浦町プロモーションヒップホップミュージックビデオドラマ『琴浦じゃないと。』 - 監督・編集
  • 徳島県PRムービー VS東京第2弾『ホントに都会じゃなきゃだめ?』- 監督・編集
  • 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ第五章:竜との舞踏』イベントムービー - 企画
  • 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』バイラルムービー - 監督
ライフスタイル角田
本名 角田 裕秋
生誕 (1984-11-15) 1984年11月15日(33歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル ギャグ漫画
代表作 『ケツ犬』
テンプレートを表示

ライフスタイル角田[編集]

映像作品を手掛けるのと並行して、ライフスタイル角田名義でギャグ漫画家としての活動をするほか、クリエーター集団「にがウーロン」の単独コント公演に出演している。
漫画家としては、いがらしみきお谷岡ヤスジに影響を受け、創作に反映している。代表作品である『ケツ犬』が、Yahoo!コミックの無料マガジン・EDENにて連載され、アニメ化されている[8][9]

作品[編集]

  • ギャグ漫画『ケツ犬』(2010年、出版:マッグガーデン
  • 青春漫画『なんとかやってます。』(2011年、出版:マッグガーデン)

出演[編集]

  • にがウーロンアワーvol.01「ローヒーロー」(2011年11月、国分寺・島崎ビル2F)
  • にがウーロンアワーvol.02「にがウーロン×マルマルマル」(2012年5月14日-16日、渋谷playroom)
  • 漫画 “なんとかやってます。” 発刊記念イベント「みんな、なんとかやってますか?」(2012年9月14日、SHARE BASE amata)
  • 「にがウーロン×ヨシムラヒロム デパーチャーズvol.00」(2012年11月20日、吉祥寺バウスシアター・LidoCafe)
  • にがウーロンアワーvol.03「ボンボ野暮ヤージュ」(2012年12月21日-23日、Temporary Contemporary)
  • ボンボ野暮ヤージュ番外編「無二のアワーに木魚もゆれる」(2013年5月26日、金谷宝蔵寺)[10]
  • ボンボ野暮ヤージュ番外編「On going Fes」(2013年9月20日-21日、吉祥寺Art Center Ongoing)
  • ボンボ野暮ヤージュ番外編「マテリアルワールド」(2013年10月27日、八王子アートフェスティバル「AKITEN2013」内)
  • にがウーロンアワーvol.04「ガリバースケール」(2013年12月6日-8日、Livetheater間〜まほろ〜)[11]
  • にがウーロンNIGHT フレンドリーマッチ第一戦「真剣30代!!アーティストトーク!」(2014年11月7日、新宿ロフトプラスワン
  • にがウーロンアワーvol.05「ヘルシー」(2014年12月26日-28日、新宿シアタープラッツ)[12]
  • ヘルシー番外編「ミックスジュース」(2015年2月8日、BASHIRAZ - OUT OF PLACE)
  • にがウーロンアワー番外編「もっとよくする会」(2015年9月26日、吉祥寺Art Center Ongoing)
  • にがウーロンアワーvol.06「ライスケーキパウンディングパーティ」(2015年10月20日-22日、サラヴァ東京)[13]
  • にがウーロンnightVol.4「振り返ればピョコがいる」(2016年7月21日、LOFT9 Shibuya)
  • にがウーロンのコント公演「ヘニス」(2016年11月18日-11月20日、サラヴァ東京)[14]

脚注[編集]

  1. ^ 審査員特別賞『青海二丁目先』”. PFFアワード2007|PFFアワード|ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式サイト. 2016年5月9日閲覧。
  2. ^ 観客賞(東京)『蝉顔』”. PFFアワード2008|PFFアワード|ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式サイト. 2016年5月9日閲覧。
  3. ^ 過去のWhat’s New 2008/11/10「サンダンス・NHK国際映像作家賞2009」ファイナリスト決定!”. サンダンス・インスティテュート/NHK賞公式サイト. 2016年9月14日閲覧。
  4. ^ TERROR OF HOUSE テラーオブハウス 【クレジット】”. allcinema. 2016年5月9日閲覧。
  5. ^ TERROR OF HOUSE テラーオブハウス スタッフ”. 映画.com. 2016年5月9日閲覧。
  6. ^ TERROR OF HOUSE テラーオブハウス スタッフ”. Movie. 2016年5月9日閲覧。
  7. ^ TERROR OF HOUSE テラーオブハウス スタッフ”. KINENOTE. 2016年5月9日閲覧。
  8. ^ スタッフ”. ケツ犬 - 東映アニメーション!. 2016年5月9日閲覧。
  9. ^ ケツ犬 【クレジット】”. allcinema. 2016年5月9日閲覧。
  10. ^ にがウーロン静岡公演@金谷宝蔵寺のご紹介”. “eコミュニティしまだ”案内人ブログ. 2016年5月9日閲覧。
  11. ^ にがウーロンアワー vol.4「ガリバースケール」 出演”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2016年5月9日閲覧。
  12. ^ にがウーロンアワーvol.5「ヘルシー」 出演”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2016年5月9日閲覧。
  13. ^ にがウーロンのコントライブ「ライスケーキパウンディングパーティ」 出演”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2016年5月9日閲覧。
  14. ^ 「ヘニス」出演”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2016年10月20日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 徳島国際短編映画祭2017のオープニング&クロージング作品「ふたごとうだつ」に登場する劇中アイドルユニット、みつあみハーデスの架空ミュージックビデオ。

関連項目[編集]